ホーム / ニュース / 結婚式に台風直撃で悲惨な新郎新婦がキャンセル料300万円で仕方なく決行!会場によって対応の差が顕著に現れる

結婚式に台風直撃で悲惨な新郎新婦がキャンセル料300万円で仕方なく決行!会場によって対応の差が顕著に現れる

結婚式に台風直撃で悲惨な新郎新婦がキャンセル料300万円で仕方なく決行!会場によって対応の差が顕著に現れる過去最大規模と予想されている大型で猛烈な台風19号が、2019年10月12日に関東に上陸する恐れがあるとされています。

鉄道各社も計画運休を発表し、実質首都圏エリアは移動が不可能な状態になっています。ほとんどの店舗やサービスが12日の臨時休業を発表しています。

そんな中、結婚式の予定日に台風が直撃してしまうという悲惨すぎる新郎新婦達のツイートが話題になっています。

高額なキャンセル料が発生するが故に、結婚式を決行するという新郎新婦から、出席者の安全を第一に考え高額なキャンセル料を自らが負担してでも中止するという新郎新婦までいるようです。

また既に発注済みの物や料理等の実費のみでキャンセル料は発生しないという式場から、全ての費用を式場が負担してキャンセル料が発生しないという対応をしてくれた式場まであり対応差が非常に大きいようです。

既に準備してしまっている物もあるはずなので、ある程度のキャンセル料がかかってしまうのは仕方ないと思いますが、総額380万の式に対して300万のキャンセル料を請求するのはなかなか良い商売だと思います。

こちらの記事もどうぞ

高額なキャンセル料が発生するため結婚式を決行する人たち

キャンセル料なしで延期になった会場の人たち

高額なキャンセル料が発生した人たち

苦渋の選択で結婚式延期を決断した人たち

結婚式のキャンセル料に対する反応


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

首都高速都心環状線・霞ヶ関IC付近で3台が絡む大事故!ベンツが横転して大破してる

2019年12月13日に、首都 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.