ホーム / ニュース / 台風対策で窓に養生テープを貼ると耐えられる圧力が下がり割れやすくなる

台風対策で窓に養生テープを貼ると耐えられる圧力が下がり割れやすくなる

台風対策で窓に養生テープを貼ると耐えられる圧力が下がり割れやすくなる非常に強い勢力の台風19号に備えて、窓ガラスに養生テープを貼ると飛散防止に効果があると話題になっています。

ホームセンターなどでは養生テープが売り切れてしまうなど、多くの人が窓ガラスに養生テープを貼っているようです。

そんな中、窓ガラスに養生テープを米印に貼る行為は逆に窓ガラスが割れやすくなり危険だと指摘するユーザが登場しています。

5mmのガラスが耐えられる圧力は5,400パスカルですが、養生テープを米印に貼った場合、耐えられる圧力が3,800パスカルまで下がるという論文が出ていて、アメリカ海洋大気庁もハリケーンが来た際には絶対に窓にテープを貼らないように公告しているとのことです。

物が飛んできて割れる恐れがある場所の場合は、飛散防止のために養生テープを貼っても良いかもしれませんが、物が飛んでこない場所の場合は、何も貼らずにカーテンを閉める等の対策がいいのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ

窓ガラスに養生テープを貼った場合の効果

養生テープを貼るとガラスが割れやすくなると指摘するユーザ

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

闘病の末14歳で亡くなった少年の最後の願いは「スポーツカーで葬送」 2200台以上集まり町を封鎖して大進行

1週間前に闘病の末がんで亡くな …

コメントを残す