中国・武漢からのツアー客のバスガイド・大阪市在住女性も新型肺炎感染確認!奈良の運転手と同乗

中国・武漢からのツアー客のバスガイド・大阪市在住女性も新型肺炎感染確認!奈良の運転手と同乗厚生労働省が2020年1月28日に、中国・武漢からのツアー客を乗せた奈良県在住の60代のバス運転手男性が新型コロナウイルスによる新型肺炎に感染したと発表しましたが、同じバスに乗っていた大阪市内在住のバスガイド女性も原因不明の肺炎になり入院していましたが、先ほど大阪府が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表しました。

バスガイド女性は中国・武漢からのツアー客と行動していたようです。現在ツアー客は全員帰国しているようです。

同じ車内にいただけで感染しているとなると、先日チャーター機で武漢の邦人が206人帰国しましたが、そのうち12人に症状が現れていて入院しているようですが、残りの乗客も感染している可能性は高そうです。

武漢の人口1100万人中たった206人という中からでも既に12人に症状が現れているとなると、恐ろしいほどの感染力があるのかもしれません。

今後の情報に注視して予防に努めたいと思います。

東京で中国・武漢からのツアー客を乗せた奈良在住の60代男性運転手が新型肺炎感染!日本でも人から人への感染拡大の恐れ

こちらの記事もどうぞ

Twitter上の反応

大阪市の女性バスガイド ウイルスに感染 奈良の運転手と同乗

大阪府によりますと、新型のコロナウイルスによる肺炎が相次いでいる問題で、大阪市内に住むバスガイドの女性がウイルスに感染していることが新たに確認されたということです。女性は、28日、感染が確認された奈良県に住む運転手の男性と同じバスに乗務し、中国の武漢からきたツアー客と行動していたということです。
参考:nhk.or.jp


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

2020年のエイプリルフール企画は自粛します

今年も4月1日「エイプリルフー …

横浜駅西口・ホテルZAFIROのビルが崩壊!建て替え作業失敗か

2020年3月31日8時50分 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.