新型肺炎感染者が乗船していたクルーズ船で3000人検疫!今夜にも横浜に入港

新型肺炎感染者が乗船していたクルーズ船で3000人検疫!今夜にも横浜に入港新型コロナウイルスへの感染による新型肺炎が確認された香港の男性が乗船していた日本発着のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が、2020年2月3日夜に横浜港に入港する予定で、厚生労働省は男性と接触した人の特定を進めると共に、乗客の検疫などを徹底することにしています。

厚生労働省の検疫官が船内で乗客全員約3,000人の体温を測る検疫を始める予定で、既に2、3人が体調不良を訴えているとのことです。

本来は那覇港で一度乗客全員が検疫をうけているので必要ない措置なので、異例の再検疫になります。

横浜に入港予定のクルーズ船ですが、船内に体調不良を訴える人が複数いることが分かりました。

横浜に入港するクルーズ船に体調不良者 再度検疫へ

クルーズ船は神奈川県横須賀市の沖合を航行中で厚生労働省の検疫官が3日夜にも船内で乗客乗員約3000人全員の体温を測る「検疫」を始めます。関係者によりますと、2、3人が体調不良を訴えているということです。検疫で発熱など症状がある人には、新型コロナウイルスの検査も実施します。那覇港で一度、乗客全員が検疫を受けているので、本来必要はない措置ですが、異例の再検疫となります。
参考:headlines.yahoo.co.jp


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

2020年のエイプリルフール企画は自粛します

今年も4月1日「エイプリルフー …

横浜駅西口・ホテルZAFIROのビルが崩壊!建て替え作業失敗か

2020年3月31日8時50分 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.