横浜市立大学が新型コロナウイルス検体検出に成功!血液で検査可能になり15分で判定が可能

横浜市立大学が新型コロナウイルス検体検出に成功!血液で検査可能になり15分で判定が可能横浜市が2020年3月9日に会見を開き、横浜市立大学が新型コロナウイルス患者の血清中に含まれるウイルス抗体の検出に成功したと発表しました。

この方法では特別な装置を用いる事無く、短時間(15~30分)で抗体の有無を判定可能になり、血液検査なので検体の採取が容易で採取時のリスクも低くなる画期的なものとなります。

今後は多数の検体で検証し、診断法の確立や診断キットの開発など実用化を目指すようです。

新型コロナ、ウイルス抗体を検出 横浜市立大

横浜市立大と横浜市は9日、新型コロナウイルスのウイルス抗体の検出に成功したと発表した。血清を使って免疫反応を調べることで、感染者の血液に含まれる「抗体」の有無、分量が検出できるという。検出法は2種類で、最短15分程度と短時間なのが特徴だ。インフルエンザの検査キットに似た簡易検査キットの開発などに役立てる。
参考:nikkei.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内の新型コロナ感染が618人に減少!検査対象を縮小した結果だと話題に

2021年1月25日、東京都内 …

福井県大野市の副市長が市職員と会食ハシゴし飲酒後に車を運転し衝突事故!やりたい放題フルコンボパーティ大開催

2021年1月23日、福井県大 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.