台湾の天才IT大臣のオードリー・タンが日本向けに「使い捨てマスク再利用法」を解説

台湾の天才IT大臣のオードリー・タンが日本向けに「使い捨てマスク再利用法」を解説新型コロナウイルスの影響によって、世界中でマスク不足に陥っている中、台湾のデジタル担当大臣のオードリー・タン(唐鳳)さんが日本向けに「使い捨てマスクの再利用方法」を解説する動画を公開しました。

紹介されているマスクの再利用方法の対象となるのは「破損していない」「汚れていない」「室外または感染リスクの低い場所で使用されたサージカルマスク」という条件を満たしているもののみとなります。

使用するものは「電鍋」「使用済みマスク」「時計」だけです。

電鍋とは台湾で普及している万能調理器で、日本でも販売されていますが持っていない場合は「IH鍋」でも代用できるようです。

IH鍋で行う場合は温度を測る必要があり、鍋の中の乾燥した蒸気が110度ぐらいになれば大丈夫とのことです。

基本的に使い捨てサージカルマスクの再利用をメーカーは推奨していませんが、台湾の衛生福利部(日本では厚生労働省に相当)が実験を行っていて、この方法でマスクが殺菌できている根拠があります。

実験によると加熱する前と比べて細菌ろ過効率(BFE)は99%以上維持できて、微小粒子捕集ろ過効率(PFE)は1.3%から14.2%落ち、加熱する度に防護率が低下していくことがわかっています。

加熱する度にPFEが低下していくため、再利用可能は3から5回が限界とのことです。

マスクをしたくても売っておらず手に入らないのが日本の現状なので、今後マスクをしたいのに手持ちがない場合の為にこのような再利用方法があることを覚えておきましょう。

こちらの記事もオススメです!

使い捨てマスクの再利用方法の解説動画


2020-04-01 乾蒸しマスクを作ります

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

大黒PAに車の進路妨害をする歩行者が出現「環境活動家かな?」「やべーのいた」

横浜市の首都高速にある大黒PA …

東名高速を走行中にトラックからハシゴが飛んでくる「マジで殺人未遂!死ぬかと思った」

東名高速道路を走行中に、トラッ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.