新型コロナ対策の現金給付は一定水準まで所得減少の世帯に30万円で一致

新型コロナ対策の現金給付は一定水準まで所得減少の世帯に30万円で一致新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策として、現金給付が国民から強く求められていますが、安倍総理大臣と岸田財務調査会長が会談し、一定の水準まで所得が減少した世帯に対し、30万円/1世帯を給付することで一致しました。

1世帯あたり30万円という金額の理由はについて岸田氏は「さまざまな議論の結果で、日本の世帯の人数など、さまざまな観点から出てきた数字だ」と説明し、「スピード感が大事だと強く申し上げ、迅速に支給することが大事だと強調した。経済対策の全体の規模と、ほかの課題は、週末にかけて政府としっかりと調整していきたい」とコメントしました。

一定水準というのは所得が50%以上減少したなどという所得減少割合で見るのか、今月の収入が5万円になってしまったなどという減少後の所得金額で見るのか等、いったいどのような基準が設けられるのかに注目が集まりそうです。

困っている国民という枠組みの中でフェアに給付するのは非常に難しいと思いますが、一刻も早く現金が国民の手に渡ることを願いたいです。

新型コロナ 現金給付1世帯30万円 一定水準まで所得減少の世帯

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策の焦点の1つ、現金給付をめぐり、安倍総理大臣と自民党の岸田政務調査会長が会談し、一定の水準まで所得が減少した世帯に対し、1世帯当たり、30万円を給付することで一致しました。
参考:nhk.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

高校の教室が新型コロナの影響でとんでもないことに!「公平性に欠ける」「何も見えなかった」

Twitter上で新型コロナ対 …

池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が控訴せず禁固5年の実刑判決確定!ただし収監されない可能性も

2021年9月17日、 月2日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.