任天堂に敗訴したストリートカートが観光客激減でクラウドファンディング開始!現在1,000円も集まる

都内を中心に公道でカートを走らせる観光アクティビティ「ストリートカート」が新型コロナウイルスの影響で観光客が激減し、経営難のためクラウドファンディングを実施しています。

以前は株式会社マリカーして運営していたストリートカート(Akiba Kart)ですが、任天堂との訴訟に敗訴し、5,000万円の賠償金支払い命令の判決がでています。

そんなストリートカートですが、外国人観光客の大幅な減少や非常事態宣言によって経営に多大な支障をきたしていると報告しています。

今回実施されているクラウドファンディングですが、目標金額は200万円に設定されていて、現在2人の支援者が現れ、合計1,000円が集まっています。

日本人が利用している場面はあまり見かけない公道カートですが、今後外国人観光客が以前の水準にまで戻るまでの期間を乗り切ることはできるのでしょうか。

Twitter上の反応

マリオカート立体コスチューム 大人用

マリオカート立体コスチューム 大人用

9,000円(07/14 08:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

コミックマーケット99(C99)が中止決定!新型コロナ対策して実施は絶対に無理だとわかる検証

2020年冬に東京ビッグサイト …

4都県の休業要請検討!東京で遊べなくなった人々が地方へGoToキャンペーンか

連日で200人超の感染者が確認 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.