政府が2021年の年末年始休暇延長を提言へ!人出分散のため休みを1月11日まで延長

政府が新型コロナウイルス感染拡大防止の為、年末年始の休暇延長を提言することが判明しました。

2021年度の仕事始めは1月4日からの企業が多いとみられますが、帰省や旅行、初詣などの年末年始イベントによる人の動きを分散するために、1月11日の成人の日まで休みを延長するよう働きかけるとのことです。

年末年始の帰省などで、幅広い世代との接触機会が増え、団体での飲食も増えることが予想されている中、インフルエンザとの同時流行も懸念されています。

休みが少ない日本では年末年始ぐらいは休めるように、これを機に2週間程度の休みを普及させてもちょうど良い感じになりそうです。

こちらの記事もどうぞ

政府、年末年始の休暇延長提言へ 帰省、初詣の人出分散

政府が23日に開く新型コロナウイルス感染症対策分科会で、年末年始の休暇の延長を提言することが分かった。来年1月4日の月曜日を仕事始めとする企業が多いとみられ、帰省や旅行、初詣などによる人出増を分散するため、11日の成人の日まで休みを延ばすよう働き掛ける。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

Perfume COSTUME BOOK 2005-2020

Perfume COSTUME BOOK 2005-2020

「装苑」編集部編
3,500円(05/08 14:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

「マールボロ」や「ラーク」などの紙巻きタバコが日本撤退!今後は加熱式たばこに注力

「マールボロ」や「ラーク」を手 …

東京都内でインド変異株の新型コロナが5人検出!うち4人は渡航歴なく市中感染か

インドで猛威を振るっている新型 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.