JR東日本と大手私鉄が通勤時間帯の減便実施でホームに人が溢れ密空間が発生!感染拡大措置に利用者は怒り

緊急事態宣言に伴ってJR東日本と首都圏の大手私鉄はGW期間中の通勤時間帯の減便を実施し、人の移動抑制に協力する事が発表されていました。

しかし平日の通勤時間帯を減便したことにより通常数本の電車に乗っていた乗客が、1本の電車に圧縮される形になりホームから人が溢れ、大混雑してしまう結果になりました。

Twitter上には人が殺到して大混雑している駅の様子が報告されていて、減便という人の移動抑制措置が密空間を増やす感染拡大措置になってしまっていたようです。

利用者からはただでさえ混雑している通勤電車をさらに混雑させる措置に怒りの声が多数出ています。

減便は一番ダメだろ。完全に止めないと動いてる電車に人が殺到するのは当然。

こちらの記事もどうぞ

人が殺到して大混雑している駅の様子

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

「マールボロ」や「ラーク」などの紙巻きタバコが日本撤退!今後は加熱式たばこに注力

「マールボロ」や「ラーク」を手 …

東京都内でインド変異株の新型コロナが5人検出!うち4人は渡航歴なく市中感染か

インドで猛威を振るっている新型 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.