「マールボロ」や「ラーク」などの紙巻きタバコが日本撤退!今後は加熱式たばこに注力

「マールボロ」や「ラーク」を手がけるアメリカタバコ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)は、10年以内に日本で紙巻きタバコの販売から撤退することを発表しました。

今後は煙が出ない加熱式タバコに注力するようです。

日本ではタバコの匂いや煙などを嫌う人が大多数となっているなか、今後加熱式タバコを含めどのようにビジネス展開していくのでしょうか。

国内で紙巻きタバコが吸えない時代も直ぐに来そうだね。

こちらの記事もどうぞ

フィリップ・モリス、紙巻きたばこ日本撤退

「マールボロ」や「ラーク」を手がける米たばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)は、10年以内に日本で紙巻きたばこの販売から撤退する。法改正によって紙巻きたばこへの規制強化が進むなか、煙が出ない加熱式たばこに注力する。過去約25年で3分の1になった紙巻きたばこ市場の縮小に拍車がかかる。
参考:nikkei.com

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

マークXの運転手の「あおり運転被害動画」がトラックにあおり運転しかけた動画で炎上

Youtubeで、トラックにあ …

インド型がさらに変異「デルタプラス」感染やワクチンによる免疫も効果なし

インド保健省が、インド型(デル …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.