緊急事態宣言が6月20日まで再々延長へ

2021年4月25日から発令されている緊急事態宣言の延長期限5月31日が迫っていますが、政府は緊急事態宣言について6月20日まで延長する方向で調整に入りました。

2021年5月24日に、加藤勝信官房長官が緊急事態宣言の扱いについて「延長、解除の判断は今週中に行う」と方針を示しました。

北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡の9都道府県で、沖縄にあわせて6月20日までとする案が有力視されているようです。

また1ヶ月延長か。
延長繰り返しすぎてシンエヴァの公開待ってる時みたいになってきた。

こちらの記事もどうぞ

緊急事態宣言、6月20日まで延長で調整

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い10都道府県に発令中の緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県で、今月31日の期限を延長する調整に入った。新たな期間は6月20日までを軸に検討している。東京や大阪などで新規感染者数が減少傾向にある一方、医療提供体制は各地で厳しい状況が続き、延長が不可避と判断した。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

第44回隅田川花火大会2021が開催中止を発表!延期開催もなし 2年連続で中止に

2021年10月23日 土曜日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.