イギリスの感染者数がG7サミット後に2450%増加!東京五輪後の日本はさらにヤバそう

イギリス・コーンウォール地方の新型コロナ感染者数が、G7サミット前と比較して最大2,450%増加していることが話題になっています。

コーンウォール地方では、6月11日から13日の間、G7サミットが開催されていて各国の政府関係者やメディア関係者が集まっていました。

G7サミットが「スーパースプレッダー」となってしまったと話題になっていますが、イギリス政府関係者はG7サミットが原因ではないと否定しています。

話題になっているツイートでは、感染急増の要因の一つとしてG7サミット開催をあげていますが、同じように考えれば何十倍も規模がデカく、非常に多くの国から選手団やメディア関係者が来る東京五輪後には、どれだけ感染が広がっているのか想像も付きません。

東京五輪では競技に影響が出たとしても感染対策を優先して、インド型(デルタ株)にも有効な対策を行ってくれることを願いたいです。

国民の負担で現状が保たれてる中、五輪のせいで拡大はして欲しくないわ…

こちらの記事もオススメです!

G7サミット後にコロナ感染者数が2450%増加

コーンウォール州のある地域でCovid-19の症例が急増しているのは、先週のG7サミットとの関連はないというコーンウォール州議会の閣僚の主張に疑問が投げかけられています。

コーンウォール州では、世界の指導者やその側近、世界中のメディア、英国内の警察が集まったため、セント・アイブス、ファルマス、さらにはニューキーでもCovid-19の感染が急増したという。

カービス・ベイから数キロのところにあるセント・アイブスは、サミット期間中、いくつかの代表団の警備員やその他のスタッフが町に滞在し、何百人もの人々が通りに集まって抗議やデモを行うなど、活動の中心地となりました。

3日間にわたるサミットの最終日である6月13日(日)までの最新の数字では、セント・アイブスでは人口10万人あたり863人、ファルマスとペンリンでは481人のコヴィド-19感染者を記録しています。G7とは直接関係ないが、関係者の多くが滞在していたニューキーでは271件だったが、その次のルーでは80件しか記録されていない。

これらの地域では、G7サミット開催前と比較して、最大で2,450%もの増加が見られました。セント・アイブスよりも感染率が高かったのは、マンチェスターの1つの行政区とリーズの1つの行政区だけでした。

政府関係者は、この急激な増加の主な原因が接客業にあると指摘していますが、その理由としては、30代以下の若者に予防接種が行き渡っていないため、比較的若い従業員が多いことが挙げられています。
参考:cornwalllive.com

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

G7サミット後に感染者数が急増したというツイート

Twitter上の反応

私が見た未来 完全版

私が見た未来 完全版

たつき諒
1,200円(06/25 17:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

立教大学の講義中に教員と学生が大げんか!学生「こいつはハゲだ!」教員「ふざけんな!」

立教大学の講義中に教員と学生が …

人気車整備シム「Car Mechanic Simulator 2018」と「A Game Of Thrones: The Board Game」PC版の無料配布開始!7月1日までの期間限定

Epic Gamesストアが人 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.