日本のワクチン接種が遅れていたのは野党の強い要望が原因だった!菅総理がワクチン承認遅れの原因を明らかに

2021年6月9日に行われた党首討論で、菅首相が日本のワクチン接種が遅れている理由について、野党が国内治験を強く要望した結果、世界に比べて日本が3ヶ月遅れていることを明らかにしました。

人種や属性などの特徴によって薬の効き方が変わってしまうこともあるため、諸外国が行った治験データをそのまま生かすと問題が生じる可能性があります。

野党は先日まで大規模接種センター設置に反対していて、PCR検査を拡大しろなどと言っていたため、単純に日本のワクチン接種を遅らせるために国内治験を強く要望していたとも考えられます。

接種開始が遅れたのは間違いありませんが、全日本国民のワクチン確保や開始してからの接種スピードは非常に速く評価されています。

現時点ではとにかくより多くの国民により速くワクチンを接種することが求められます。

与党の案に反対することが仕事の野党だからな…
ワクチンである程度以前の日常が戻ってくることを祈りたい。

こちらの記事もどうぞ

野党のせいで日本のワクチン接種が遅れたとの発言

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

マークXの運転手の「あおり運転被害動画」がトラックにあおり運転しかけた動画で炎上

Youtubeで、トラックにあ …

インド型がさらに変異「デルタプラス」感染やワクチンによる免疫も効果なし

インド保健省が、インド型(デル …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.