東京五輪直前に緊急事態宣言再発令不可避へ!政府は7月中旬に都内感染者1000人越えと分析

東京五輪開催まであと19日ですが、開催地の東京では新型コロナウイルスの感染が再拡大しているため、東京五輪開催直前にも緊急事態宣言の再発令をせざるを得ないとの見方が強まっているようです。

既に東京では宣言再発令の目明日となるステージ4相当(感染爆発)に達していて、なお増加傾向にあります。

厚労省の専門家会議では、7月中旬に都内の新規感染者数は1,000人を超えるとの分析が示されていて、宣言を出す出さないではなく、いつ出すかという段階に入っているようです。

政府は東京の感染状況悪化に伴い、再び飲食店での酒類提供を停止するとの姿勢を示しています。

東京五輪は既に最も盛り上がる開閉開式が無観客となる見通しで、野球やサッカーなどの大規模会場では観客5,000人に人数を減らすことは不可能としているため、無観客を避けられない公算のようです。

競技会場では酒類の販売や飲酒の全面禁止が正式決定しましたが、全ての競技会場で運営予定のIOCが利用するVIPラウンジについて組織委は「予定通り運営します」と回答しているようです。

最後の最後まで損切りはしないって運営方針なんだね。
もはやグダグダというかなんというか…

こちらの記事もオススメです!

五輪目前、再宣言不可避の見方

田村憲久厚生労働相は2日の記者会見で、東京の扱いに関し「宣言発令、まん延防止等重点措置の延長に消極的ではない。必要があり効くならやろうという思いはある」と述べ、宣言再発令を否定しなかった。

厚労省の専門家会議には、今月中旬に都内の新規感染者は1000人を超えるとの分析が示されている。同会議メンバーは「宣言を出すか出さないかではなく、今の焦点はいつ出すかだ」と指摘。「増えてから宣言を出すのでは遅い。早くすべきだ」と訴える。

組織委の橋本聖子会長は2日の記者会見で、五輪に関し「無観客も覚悟しながら対応できるようにしたい」と言及。東京都の小池百合子知事も会見で「無観客も軸として考える必要がある」と足並みをそろえた。政府高官は「菅義偉首相は観客の有無にこだわっていない」と明かす。

一方、政府は東京の感染状況の悪化に伴い、飲食店での「酒類の提供を再び停止する」との姿勢を一時示したが、具体化していない。小池知事の入院による都の「トップ不在」も影響したとみられる。
参考:jiji.com

大学生になったら
1枚は持っておくべきVISAカード

会社員・個人事業主 発行可能

三井住友VISAカード

今なら当サイトから入会で

初年度年会費無料10,000円相当獲得可能

20歳から入手可能!
ワンランク上のゴールドカード

会社員・個人事業主 発行可能

三井住友VISAプライムゴールドカード

今なら当サイトから入会で

初年度年会費無料13,000円相当獲得可能

〝五輪貴族〟VIPラウンジ 組織委「予定通り運営します」

仮に無観客となった場合、国際オリンピック委員会(IOC)の委員らが使う「五輪ファミリーラウンジ」はどうなるのか? これまでの大会では〝五輪貴族〟がラウンジで豪華な料理とお酒を楽しみながら競技を観戦するのが通例。

コロナ禍の今大会はお酒の提供は見送られるが、組織委に問い合わせると「予定通り運営します」と回答。今後の状況次第で変更することもあり得るが、武藤敏郎事務総長(78)は五輪ファミリーについて「運営関係者であり、観客ではない」と定義してしているだけに、無観客になっても〝VIPラウンジ〟が稼動する可能性は高い。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ4058人感染確認!初の4000人越えで過去最多

2021年7月31日、東京都内 …

東京都が繁華街で予約不要のワクチン接種へ!接種券があれば誰でも接種可能な状況へ

2021年7月30日、東京都・ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.