程度普通の日産・R34 スカイラインGT-R(BNR34)がヤバすぎる価格で販売されてしまう

……冗談じゃねえ……

もはや誰にも止められない第二世代スカイラインGT-Rの高騰

先日も新車未登録のBNR34が6,000万円で落札されましたが、もはや走りを求める車ではなくコレクターズアイテムと化してしまっています。

今回は程度が極上というわけでもないBNR34の中古車が本体価格4,980万円で販売されているというツイートが話題になっています。

確かにグレードが「Vスペック2 Nur」なので生産台数は少なめですが、車両の程度としては走行3.7万キロで普通。

これが相場になってしまえば、標準車ですら3,000万円程度になってしまいそうです。

BNR34の相場が高騰しすぎていて、幼少時から映画やゲームで憧れてきた若者には手が届かないものになってしまい、走りのセダンとしては高すぎるので本来使用されるべきだったレースシーンでも気軽には使えない車になってきています。

BNR34が大好きなオレが言うのもおかしな話だけど、この車が1,000万を超えるのは正直微妙。

いや、程度が普通である程度レストアされていれば1,000万ぐらいでいいと思うんだけど、速さという観点で見たときに比較対象として上がりやすいR35 GTRと比べると、R35の方がコスパは断然いい。

程度普通で500から800万ぐらいなら今の時代で考えると安く見える性能だけど、2,000万とかになってくるとよっぽど思い入れがあるとか、熱量が半端なくてこのクルマ以外見ることができないって人以外にはオススメできないよ。

90年代の国産スポーツカーが全体的に値上げしてて、人気車種は新車価格よりも相場が高くなってるのは普通という異常な状態になってきてるけど、それはやっぱり現行車のラインナップに当時のような選択肢がないからだと思う。

BNR34は立派な投資物件になってるので、走らずに保管される車両が増えていきそうです。

資本主義社会なので理解はできますが、純粋にBNR34が好きなオレの立場としては残念で納得はできません。

やっぱりBNR34はホンキで攻めてる姿が一番カッコいいよ。

こちらの記事もオススメです!

BNR34が本体価格4,980万円で販売

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

auのインターネット回線 auひかり

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

テレワーク・ゲームに必須の光回線
月額料金割引が人気のSo-net 光 プラス

次世代通信対応でWiFiルーター永年無料

So-net 光 プラス

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大70,000円還元中

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

高校の教室が新型コロナの影響でとんでもないことに!「公平性に欠ける」「何も見えなかった」

Twitter上で新型コロナ対 …

池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が控訴せず禁固5年の実刑判決確定!ただし収監されない可能性も

2021年9月17日、 月2日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.