ハリーポッターと死の秘宝から19年後の世界を描いた作品が書籍化

ハリーポッターと死の秘宝から19年後の世界を描いた作品が書籍化ハリーポッターの作者J.K.ローリング氏が自ら脚本を手がける舞台「ハリー・ポッターと呪われた子ども」は「死の秘宝」の19年後の世界を描いた物語で、8番目の物語として舞台上演が決まっていました。

今回は、舞台の脚本が上演に合わせて書籍化される事が発表されました。印刷版と電子書籍版両方が用意されるみたい。

ハリー・ポッターと呪われた子ども

ストーリーは、ハリーポッター7作目の「死の秘宝」から19年後の設定で、ハリーの次男アルバスが家族の伝統の重みに葛藤するストーリーとなっています。

オレはこっちの方が次回の映画最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」より期待できそう。

ハリーポッターの独特の世界観を上手く使って続きを作って欲しいわ。
参考:hpottermore.com

ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリート セット 特典ディスク付(初回生産限定/11枚組) [Blu-ray]

ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリート セット 特典ディスク付(初回生産限定/11枚組) [Blu-ray]

ダニエル・ラドクリフ, ルパート・グリント, エマ・ワトソン
33,000円(09/26 03:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京ディズニーランド・シーのチケット値上げ発表!21年10月1日以降7900円から9400円へ

2021年9月24日、東京ディ …

自民党総裁選の投票用紙がメルカリに出品される!複数枚入手して投票する人も登場

自民党総裁選の投票用紙が自民党 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.