富士急ハイランドが7月から入園無料に!ただしアトラクション料金を2倍から2.5倍に値上げ検討

富士急ハイランドが7月から入園無料に!ただしアトラクション料金を2倍から2.5倍に値上げ検討無料化で盛り上がってるけど、実質値上げ?

本日5月9日に山梨県の遊園地「富士急ハイランド」7月中旬から入園料を無料にすると発表しました。詳しい実施日は今月下旬に決定するとのこと。

入園無料化の理由は、観光客が好みのアトラクションや食事などを選んで、短時間でも気楽に楽しめるようにするとのこと。

無料化される入園料は現在、中学生以上1,500円3~11歳が900円で設定されています。

絶叫マシンなどの人気アトラクションでファンが多い「富士急ハイランド」が今までよりも気軽に、安く利用できると利用者に喜びの声が上がっていますが、実は実質値上げの可能性が高いかもしれません。

人気アトラクションの料金を2倍から2.5倍に設定することを検討

無料化で消えてしまう売上金は、無料化によって増加が見込める入園者が利用するアトラクション代や飲食代、グッズ代で補填出来る計算なのかと思っていましたが、どうやら違うようです。

富士急行・宣伝部の担当者は「入園料は無料ですが、絶叫マシンなどの人気アトラクションは2倍から2.5倍の料金を設定することを検討しています」とコメントしているようです。

富士急で人気の絶叫マシン「ド・ドドンパ」「高飛車」「FUJIYAMA」「ええじゃないか」の料金設定は現在1,000円です。これが2,000円から2,500円に値上げとなる可能性があります。

また、子供向け「きかんしゃトーマス」も値上げ対象にあがっているようです。

現在の入園料1,500円が無料になっても、絶叫マシンが2倍になってしまうと、実質値上げとなります。

絶叫マシンに2回乗ったとすれば、以前は「入園料(1,500円)」+「アトラクション代×2(2,000円)」の3,500円だったところが、今後は「アトラクション代×2(5,000円)」となり、実質入園料が倍額になってしまう事態も考えられます。

アトラクションに乗れば乗るほど以前よりも高額な出費となってしまいますね。
参考:huffingtonpost.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

マークXの運転手の「あおり運転被害動画」がトラックにあおり運転しかけた動画で炎上

Youtubeで、トラックにあ …

インド型がさらに変異「デルタプラス」感染やワクチンによる免疫も効果なし

インド保健省が、インド型(デル …

コメント

  1. パスポートを無視するのはそう指令されているからですか?

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.