ホーム / ニュース / 事件・事故 / 高校バスケットボール大会で延岡学園の留学生選手が審判をノックアウトする傷害事件 流血して担架で運ばれる

高校バスケットボール大会で延岡学園の留学生選手が審判をノックアウトする傷害事件 流血して担架で運ばれる

高校バスケットボール大会で延岡学園の留学生選手が審判をノックアウトする傷害事件 流血して担架で運ばれるキレイにあごに入れて、審判をノックアウトしてしまう。

長崎県大村市の大村市体育文化センターで、2018年6月17日に開催された「第71回全九州高等学校バスケットボール競技大会」の福岡大大濠と延岡学園の試合中に延岡学園の留学生選手が審判を殴り倒す傷害事件が発生しました。

この事件を受けて、試合は没収試合となったようです。

Twitter上では「前代未聞!」「審判の方の容態が心配」「これ大問題!」といった反応が出ています。

映像は殴られた瞬間のものしか上がっていませんが、現場の報告によると審判は流血してしまい担架で運ばれてしまったようです。

延岡学園の留学生が審判を殴る瞬間の動画

審判を救護中の様子

Twitter上の反応


おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

お金が無限に引き出せる最高の誕生日ケーキが登場!誰もがもらって一番嬉しい物それは「現金」

オレの誕生日にもこのケーキくだ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.