2020年東京五輪招致・JOC竹田会長が2.5億で買収する汚職に関与容疑で捜査開始決定

2020年東京五輪招致・JOC竹田会長が2.5億で買収する汚職に関与容疑で捜査開始決定以前から電通が仲介して裏金招致疑惑は出てましたが、進展がありました。

フランスのAFP通信、有力紙「ルモンド」が、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に関して、来年日本で開催予定の東京オリンピック・東京パラリンピックの招致をめぐる汚職に関わった疑いで刑事訴訟の手続きがフランスで取られていると報じました。

報道では、竹田会長が招致をめぐって200万ユーロ(約2.5億円)を支払った疑いがあるとしています。

2016年にも約130万ユーロを東京側が振り込んだとして、電通の関与も指摘されていました。

このタイミングでフランスが贈収賄容疑で日本を叩いてきたのは、ゴーン氏逮捕への報復とも受け取れますが、どちらも徹底的に捜査して裁かれるべき行動があったなら、徹底的に裁かれるべきだと思います。

JOC竹田会長 五輪招致で汚職に関与容疑 仏メディア報道

フランスのAFP通信や有力紙「ルモンド」は、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に関して、来年の東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐる汚職に関わった疑いでフランスで刑事訴訟の手続きが取られていると伝えました。

AFPは司法関係者の話として、竹田会長が招致をめぐって200万ユーロ(およそ2億5000万円)を支払った疑いがあると伝えています。
参考:nhk.or.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ3865人感染確認!先週の約2倍で過去最多を2日連続で更新

2021年7月29日、東京都内 …

過去最高額の東京五輪の国民負担額がヤバすぎる!東京都民は他の国民の約11倍の負担

2021年7月23日から開催さ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.