ホーム / ニュース / 事件・事故 / 2020年東京五輪招致・JOC竹田会長が2.5億で買収する汚職に関与容疑で捜査開始決定

2020年東京五輪招致・JOC竹田会長が2.5億で買収する汚職に関与容疑で捜査開始決定

2020年東京五輪招致・JOC竹田会長が2.5億で買収する汚職に関与容疑で捜査開始決定以前から電通が仲介して裏金招致疑惑は出てましたが、進展がありました。

フランスのAFP通信、有力紙「ルモンド」が、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に関して、来年日本で開催予定の東京オリンピック・東京パラリンピックの招致をめぐる汚職に関わった疑いで刑事訴訟の手続きがフランスで取られていると報じました。

報道では、竹田会長が招致をめぐって200万ユーロ(約2.5億円)を支払った疑いがあるとしています。

2016年にも約130万ユーロを東京側が振り込んだとして、電通の関与も指摘されていました。

このタイミングでフランスが贈収賄容疑で日本を叩いてきたのは、ゴーン氏逮捕への報復とも受け取れますが、どちらも徹底的に捜査して裁かれるべき行動があったなら、徹底的に裁かれるべきだと思います。

  1. 2020年東京五輪招致の2.2億の裏金問題で電通に配慮してない報道機関を探してみた

JOC竹田会長 五輪招致で汚職に関与容疑 仏メディア報道

フランスのAFP通信や有力紙「ルモンド」は、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に関して、来年の東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐる汚職に関わった疑いでフランスで刑事訴訟の手続きが取られていると伝えました。

AFPは司法関係者の話として、竹田会長が招致をめぐって200万ユーロ(およそ2億5000万円)を支払った疑いがあると伝えています。
参考:nhk.or.jp

東京五輪後の日本経済: 元日銀審議委員だから言える
東京五輪後の日本経済: 元日銀審議委員だから言える
  • 著者 : 白井 さゆり
  • 価格 : ¥ 1,620
  • 単行本:253 ページ
  • 出版日 : 2017/09/13
  • 出版社 : 小学館

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」2期製作決定!早速PVも公開されたぞ

TVアニメ「Re:ゼロから始め …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.