ホーム / ニュース / 事件・事故 / 韓国海軍レーダー照射事件 日本は新証拠の電波信号音を公開!最終見解も同時に発表

韓国海軍レーダー照射事件 日本は新証拠の電波信号音を公開!最終見解も同時に発表

韓国海軍レーダー照射事件 日本は新証拠の電波信号音を公開!最終見解も同時に発表2018年12月20日に発生した、韓国海軍駆逐艦から、海上自衛隊P-1哨戒機への火器管制レーダーを照射された事件について、新たな証拠として防衛省が韓国側が照射したレーダー電波信号の音を公開し、同時に最終見解も発表しました。

最終見解の中では、韓国との実務者協議を打ち切る方針も示しました。

今回公開された新証拠となるレーダー電波信号の音は、事件当時哨戒機が収集したもので、一定時間連続して強度を保った音がなっており、日本側が主張する火器管制レーダー照射を受けた事実を裏付ける証拠となっています。

探索用レーダー信号の音も同時に公開しており、全く異なる電波信号音であると比較する事ができます。

韓国側が事実関係を矛盾しながら否定していることや、日本側が新たな証拠を公開することで、国際社会に対して日本の主張の正当性を訴えました。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。

防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。

本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。
参考:mod.go.jp

大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)

大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)

桜井 誠
1,177円(10/19 18:43時点)
発売日: 2014/09/24
Amazonの情報を掲載しています

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

愛知県でいきなり軽自動車を襲いフロントガラスをボコボコに割った通り魔事件の男を逮捕

2019年10月16日13時頃 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.