池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が無罪主張!「車に何らかの異常が発生して加速した」

2019年4月19日、東京都豊島区東池袋で「トヨタ・プリウス」が暴走し、母子2名が死亡をはねて死亡させた罪などに問われている飯塚幸三(89)の初公判が2020年10月8日に開かれ、飯塚幸三は無罪を主張しました。

母子2人を死亡させ、9人に重軽傷を負わせた罪で起訴されましたが、飯塚幸三は初公判の冒頭で「アクセルを踏み続けたことはなく、車に何らかの異常が発生して加速したと思っています」自分に責任はなく、あくまでもプリウスが悪いと延べ、無罪を主張しました。

以前から飯塚幸三はトヨタに安全な車を開発するように心がけろ等言っていましたが、やはり自分に責任はないと考えている可能性が高そうです。

警察は7ヶ月に及ぶ捜査の結果、車の機能に異常はなく、アクセルとブレーキの踏み間違いが事故原因だと断定しています。

また初公判で検察側は、飯塚幸三のプリウスは車線変更を繰り返し、アクセルを踏み間違えて96km/hまで加速させて母子に衝突したと指摘し、後続車の運転手はブレーキランプを一度も見ていないと述べています。

こちらの記事もどうぞ

池袋母子死亡事故 初公判で飯塚幸三被告が無罪主張

去年4月、東京・池袋で車を暴走させて母子をはねて死亡させた罪などに問われている飯塚幸三被告(89)の初公判が開かれ、被告は無罪を主張しました。

「アクセルを踏み続けたことはなく、車に何らかの異常が発生して加速したと思っています」と述べ、無罪を主張しました。
参考:news.tv-asahi.co.jp

「アクセル踏み間違えて加速」と検察側

検察側は、被告の車は車線変更を繰り返し、アクセルを踏み間違えて時速96キロまで加速させて母子に衝突したと指摘した。「後続車の運転手はブレーキランプを一度も見ていない」とも述べた。
参考:this.kiji.is

Twitter上の反応

怒り

怒り

渡辺謙, 森山未來, 松山ケンイチ, 綾野剛, 広瀬すず, 佐久本宝, ピエール瀧, 三浦貴大, 高畑充希, 原日出子, 宮﨑あおい, 妻夫木聡
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

バイクに殺人的に危険なあおり運転するプリウス登場!腕をつかんだりバイクを押す

横浜市緑区にある横浜町田IC付 …

愛知県岡崎市でプリウスがあおり運転で進路を塞ぎ威嚇行為!DQN運転手「でてこいや!」

2020年10月12日に、愛知 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.