ホーム / ニュース / 事件・事故 / 池袋プリウス暴走事故でプリウス運転手87歳男性「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」

池袋プリウス暴走事故でプリウス運転手87歳男性「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」

池袋プリウス暴走事故でプリウス運転手87歳男性「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」2019年4月19日12時25分頃に、東京都豊島区東池袋で、87歳高齢者男性が運転する「トヨタ・プリウス」が自転車に乗る親子などを次々とはねた後、ゴミ収集車に衝突し、横断歩道を渡っていた歩行者を次々と巻き込んだ事故で、3歳の女の子と31歳の母親が死亡しました。

この事故では、プリウスが最初にガードレールに接触する事故を起こし、約70m先の横断歩道で自転車の男性1人をはね、その後約80m先にある横断歩道で死亡した親子をはねたようです。

さらにその交差点でゴミ収集車に衝突しました。ゴミ収集車は横転し、そのはずみで歩行者を4人巻き込みながらはね、信号待ちで停車していた対向車線のトラックにぶつかり止まったようです。

事故時の信号はいずれもプリウス側が赤だったとみられています。

プリウスのドライブレコーダーには、最初のガードレール接触事故の直前に同乗者の妻が「危ないよ、どうしたの」と呼びかけ、運転手が「あー、どうしたんだろう」と応じる声が記録されていたようです。

その後もプリウスはさらにスピードを上げていき、横断歩道を渡っていた親子などをはね、立て続けに事故を起こしていったようです。

今のところプリウスの以上は確認されておらず、警視庁は原因を慎重に調べているようです。

池袋で87歳男性がトヨタ・プリウスで信号無視して歩行者をはねる!アクセル全開で歩行者10人に特攻する!母子2人が死亡

池袋プリウス暴走事故で上級国民と話題の飯塚幸三が直ちに息子に電話したのは「証拠隠滅」のためか

こちらの記事もどうぞ

池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4の都道で、板橋区の無職、飯塚幸三さん(87)の乗用車が約150メートルにわたって暴走し、歩行者らを次々とはね、自転車の母と娘2人が死亡、飯塚さんを含む40~90代の男女8人が重軽傷を負った。

これまでのところ車の異常は確認されておらず、同庁は原因を慎重に調べている。
参考:headlines.yahoo.co.jp

池袋事故、死亡は母娘 運転の87歳「アクセル戻らず」

最初の接触事故の直前、妻が「危ないよ、どうしたの?」と呼びかけ、飯塚さんが「あー、どうしたんだろう」と応じる声も記録されていた。飯塚さんは事故後、息子に「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」と電話。警視庁の調べに対しても同じ説明をしているという。
参考:asahi.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

「あおり運転」新たに定義し罰則設ける法改正へ!即座に免許取り消しや懲役

今年2019年は全国指名手配さ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.