ホーム / ニュース / 事件・事故 / 池袋プリウス暴走事故の上級国民・飯塚幸三が暴走していた本当の理由と新事実が判明!「フレンチに遅れそうだった」

池袋プリウス暴走事故の上級国民・飯塚幸三が暴走していた本当の理由と新事実が判明!「フレンチに遅れそうだった」

池袋プリウス暴走事故の上級国民・飯塚幸三が暴走していた本当の理由と新事実が判明!「フレンチに遅れそうだった」2019年4月19日、東京都豊島区東池袋で「トヨタ・プリウス」が暴走し、母子2名が死亡した事故で、事故を起こした飯塚幸三(88)が「予約していたフレンチに遅れそうだった」と供述していたことが明らかになりました。

また急いでいた飯塚幸三は制限速度の50km/hを超えるスピードでカーブに進入し、前方のバイクや車を追い越すために車線を3回も変更する蛇行運転をしていたことも新たに判明したようです。

医者から運転を控えるように言われていた飯塚幸三ですが、フレンチの時間に遅れるのが人の命よりも大事だったためか、危険すぎる暴走運転を行い、運転ミスをして12人が死傷するという悲惨すぎる事故が起きたのかもしれません。

あまりにも酷い理由や新事実に、当然ネット上は炎上しています。

こちらの記事もどうぞ

池袋事故の飯塚幸三「フレンチに遅れる」

Twitter上の反応


殺人犯の正体

殺人犯の正体

鍋島雅治, 岩田和久
396円(12/05 16:05時点)
発売日: 2012/04/07
Amazonの情報を掲載しています

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

倉式珈琲店 ボーノ相模大野店がバイト募集で最賃以下の時給を提示か!指摘に謎持論展開「市によっても違う」

Twitterユーザ・h(ak …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.