Amazonの配送業者がデリバリープロバイダになった時に再配達・届かない場合の問い合わせ先一覧 まとめ

Amazonの配送業者がデリバリープロバイダになった時に再配達・届かない場合の問い合わせ先一覧 まとめ日本の大手宅配会社「ヤマト運輸」「佐川急便」がAmazon.co.jpの配送から撤退したことは大々的にニュースになりましたが、Amazon.co.jpはヤマト運輸が撤退しても当日配送を続けるみたいです。

また、2020年までに当日配送サービスを専門に手がける個人運送事業者を、首都圏で1万人確保することも発表されています。大手運送会社の抜けた穴を埋めることができるのでしょうか。

7月に入ると早速、Amazonの配達物を運んでいる業者に「全然届かない」「連絡が取れない」との声がSNS上で上がっています。

Amazonの注文履歴には「配送業者:デリバリープロバイダ」と表記されている宅配業者です。このデリバリープロバイダとは要は雑多な運送業者集団ということで、会社の名前ではありません

この記事では、デリバリープロバイダの追跡サイト連絡先、再配達の依頼方法をまとめて行きます。

こちらの記事もどうぞ

デリバリープロバイダ一覧

TMG

SBS即配サポート

札幌通運

ファイズ

丸和運輸機関

追跡情報が存在しない・再配達ができない場合

どうやら、デリバリープロバイダの業者で配達されている場合「追跡ができない」「再配達ができない」場合が多々あるようです。

おそらく追跡番号の入力し忘れだと思いますが、データベースに登録されていないので追跡も再配達もできないのではないでしょうか。

その場合は、自動電話受付から再配達を依頼すると解決する場合がほとんどのようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

消去依頼により消去しました

この記事は消去依頼があったため …

中国から不審な謎の種が日本にも大量に送られ始める!ブラッシング詐欺やAmazonから個人情報流出の可能性

現在アメリカ各地を中心に、中国 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.