The DivisionやNFS2015に最適化されたGeForce 364.47 WHQLがBSoD多発の地雷ドライバ

The DivisionやNFS2015に最適化されたGeForce 364.47 WHQLインストールでOS起動不可やBSoD多発の地雷ドライバ仕事の早いNVIDIAさんは早速The Division(ディビジョン)やNeed for Speed(ニード・フォー・スピード2015)の発売に合わせて各ゲームに最適化されたグラフィックスドライバをリリースしてくれました。

しかし、盛大なおまけとしてとんでもないドライバになっている様です。既に導入者は地獄を見ているようです。

早速不具合やバグについて調べてみました。

こちらの記事もオススメです!

GeForce 364.47の不具合情報

このドライバでは「Tom Clancy’s The Division」、「Hitman」、「Need for Speed」。「Ashes of the Singularity」、「Rise of the Tomb Raider」各ゲームソフトにグラフィックスドライバを最適化したバージョンです。その他にも細かい修正はありますが、発売に合わせて最適化されたドライバが早速リリースされました。

このドライバの不具合で1番問題視されているバグは…

ブルースクリーンが発生する(BSoD)

とんでもないバグですねw
他にもOSにログイン出来なくなる、再起動を繰り返す、ブラックアウトする等致命的な問題が発生しているようです。

各Forum等でこのドライバのダウンロードは行うなと記事が上がっています。
参考:vg247.com

毎日引けるクーポンガチャ
無料で読める本が豊富

「正義」の意味を問う問題作

スペシャル会員登録

今なら当サイトから無料会員登録で

すぐに使用可能な50%オフクーポンプレゼント

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質1円 or モバイルWi-Fi実質0円

不具合の解決方法

実はこのバグはある環境下でインストールを行うと発生しているようです。

マルチディスプレイ環境でのインストールを行うと、上記の様なバグ、不具合が発生するようです。シングルディスプレイで利用している方は無事にインストールが完了しているようです。

マルチディスプレイ環境の方はドライバインストール時に1度シングル環境に切り替えて、インストール環境後にケーブルを接続し直してマルチディスプレイ環境に設定すれば回避できるようです。
参考:pcper.com

既にインストールして不具合が発生している場合の治し方

既にインストールしてしまい不具合地獄に陥っている方は、システムの復元で以前の状態に戻したり、最新のドライバをアンインストールして復帰させましょう。

それでも難しい方は下記の記事を参考にドライバのダウングレードを行ってみても良いかもしれません。

ドライバをバージョンダウンする方法

とりあえず今回のドライバは見送るのが吉

ホントに罠ってレベルのドライバですが、今回は見送った方が良さそうです。

下手にインストールして今の安定している環境を失うのはもったいないでしょう。しばらくしてまた更新されると思うのでそちらを検討しましょう。

何か問題が発生しているとき以外ドライバの更新はあんまりしたくないですね…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

GTA6のデータをリークした17歳ハッカーを逮捕!ハッカーグループ「Laspus$」に所属か

2022年9月に、Rockst …

ポケモンGO 10月のコミュニティ・デイは10月15日開催!次回はヒトモシ大量発生!

2022年10月に開催される「 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.