Home / 乗り物 / 自動車 / 新型「シビック TYPE R」がニュルブルクリンクで世界最速ラップを記録!先代ゴーストと競う映像も公開

新型「シビック TYPE R」がニュルブルクリンクで世界最速ラップを記録!先代ゴーストと競う映像も公開

新型「シビック TYPE R」がニュルブルクリンクで世界最速ラップを記録!先代ゴーストと競う映像も公開ホンダが新型「シビック タイプR(CIVIC TYPE R)」の最終的な性能評価走行テストをドイツのニュルブルクリンク来たコースで行い、FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録しました。

先代のシビック TYPE Rが記録したタイムよりもなんと7秒近く更新してしまったようです。

先代のゴーストとニュルで競う様に編集された映像が解説付きで公開されています。


スポンサーリンク

新型「CIVIC TYPE R (シビック タイプアール)」がニュルブルクリンクでFFモデルの最速ラップタイムを更新


Hondaは、ドイツのニュルブルクリンク北コースで、新型「CIVIC TYPE R (シビック タイプアール)」の最終的な性能評価のための走行テストを行い、FFモデルで最速※1となる、7分43秒80※2のラップタイムを記録しました。

今回の走行テストは量産前の最終開発車両で行われ、先代のシビック TYPE Rが記録したタイムを7秒近く※3更新し、モデルチェンジによりシビック TYPE Rの運動性能がさらに向上したことを示しています。

新型シビック TYPE Rは、先代モデルに対して「2.0L VTEC TURBO エンジン」の進化(最高出力320馬力※4、最大トルク400N・m※4)や6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化によって加速性能を向上。加えて、新プラットフォームの採用によるねじり剛性の大幅向上(プラス38%※4)やボディーの軽量化(マイナス16kg※4)、マルチリンク式リアサスペンションの採用によるステアリングの応答性やコーナリング性能がさらに向上を遂げており、これらにより運動性能が大幅に上がっています。
※1Honda調べ (2017年4月現在)
※2Honda測定値
※3先代シビック TYPE Rのラップタイム7分50秒63 (Honda測定値)を、6秒83更新
※4欧州仕様、Honda測定値
参考:honda.co.jp

関連記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

人気漫画「ONE PIECE」海外実写ドラマ化!「プリズン・ブレイク」制作のトゥモロースタジオ「最も制作費が高い作品になる」

ワンピースがまさかのハリウッド …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.