Home / 乗り物 / 自動車 / 日産グローバル本社ギャラリー / スカイライン 4ドアスポーツセダン GTS25 Type X・G(ECR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

スカイライン 4ドアスポーツセダン GTS25 Type X・G(ECR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影

スカイライン 4ドアスポーツセダン GTS25 Type X・G(ECR32)日産グローバル本社ギャラリーで撮影日産のグローバル本社ギャラリーにスカイライン 4ドアスポーツセダン GTS25 Type X・G(ECR32)が展示してあったので撮影してきました。

さすがにメーカー保管車というだけあって、時代を感じさせない保存状態でした。それでも、よく見ると各所に痛みが見られて時間には誰も勝てないことがよくわかります。


スポンサーリンク

スカイライン 4ドアスポーツセダン GTS25 Type X・G(ECR32)の概要

スカイライン 4ドアスポーツセダン GTS25 Type X・G(ECR32)の概要

8代目となるR32型スカイラインは、1989年5月(平成元年)に「超感覚スカイライン」のキャッチコピーとともに登場しました。R32型の最大の話題は16年ぶりの「GT-R」復活でしたが、GT-R以外の標準車も、スタイリングから足回りなどの機構部分にいたるまで完全に刷新され、若干小さくスポーティなスカイラインに回帰したことで多くのファンの心をつかみました。ボディはピラードハードトップスタイルの4ドアセダンと2ドアクーペの2種類で、1991年(平成3年)のマイナーチェンジで新開発の2500cc・RB25DE型エンジンを搭載する「GTS25」が追加されました。このクルマは1993年式のGTS25 4ドアセダンです。
参考:nissan-heritage-collection.com

撮影画像


関連記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

高騰中の日産 R34 スカイラインGT-R 事故車の買取価格がヤバい!事故車ってレベルじゃねぇぞ

既に発売終了から15年以上経過 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.