Home / 乗り物 / 自動車 / ヒュンダイ「走行中にタイヤが外れる欠陥あるけど問題ないからリコール拒否」→史上初の強制リコールへ

ヒュンダイ「走行中にタイヤが外れる欠陥あるけど問題ないからリコール拒否」→史上初の強制リコールへ

ヒュンダイ「走行中にタイヤが外れる欠陥あるけど問題ないからリコール拒否」→史上初の強制リコールへ??????????

走行中にエンジンが止まる可能性がある車両と、ハブナットの欠陥でタイヤが外れる欠陥がある車両が安全性に問題ないってどんな頭してんだよ。流石朝鮮クオリティ…

言い訳するならもっとましな言い訳すれば良かったのに、なんでこんな訳わからないこと言ってしまったんだろうか。

やっぱり謎だわ。


スポンサーリンク

韓国史上初の強制リコール…「現代自動車」に強まる当局からの風当たり

韓国史上初めて政府のリコール勧告を拒否し、ヒアリングを受けた上で韓国国土交通部から強制リコールを通知された現代自動車に疑惑の目が注がれている。ここにきて現代自は是正計画書を提出したが、2度にわたるリコール勧告を拒否した姿勢に対し、同部は欠陥隠蔽(いんぺい)の可能性が排除できないとして検察に捜査を依頼。

韓国紙・中央日報(日本語電子版)によると、強制リコールの対象は、欠陥が確認された現代・起亜自動車の12車種・24万台。大気汚染を防止する部品の欠陥で走行中にエンジンが止まる可能性がある車両と、ハブナットの欠陥でタイヤが外れる可能性がある車両だという。これらの欠陥に対しては同部が技術調査や専門家審議などを経て、3月と4月に2度にわたってリコールを勧告したが、現代自は「安全運行に支障をきたす欠陥ではない」と拒否。ヒアリングを経て5月に強制リコール処分の通知を受けた。
参考:sankei.com

関連記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ポケモンGO ピゴサの代わりに使える地図サーチアプリ「1秒マップ」Android版もまもなくリリース予定

本日7月23日に1周年を迎えら …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.