ホーム / ニュース / 事件・事故 / レース車両「ランボルギーニ」を不正に闇車検で通していた自動車整備業者が逮捕!排ガス検査で不正

レース車両「ランボルギーニ」を不正に闇車検で通していた自動車整備業者が逮捕!排ガス検査で不正

レース車両「ランボルギーニ」を不正に闇車検で通していた自動車整備業者が逮捕!排ガス検査で不正公道を走行することができない(車検の取得ができない)レース用車両「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」で、公道を走るために不正に車検を通したとして、横浜市都筑区の自動車整備会社役員の男性(64)が道路運送車両法違反(不正車検)などの疑いで逮捕されました。

正規の車検を受けても通らないため、不正に車検を通すことを「闇車検」などと言っていましたが、今はそんな事を請け負う事業者はかなり少なくなりました。

ニュースによると、公道走行可能な「ランボルギーニ・ウラカン」で、排ガス規制の試験を通し、証明書類を作成し、陸運局に虚偽の申請書類を提出して不正に車検証の交付を受けたとありましたが、よくわかりませんでした。

今の車検ではいくらガスレポ証明書があろうが、全ての検査レーンを通り合格しなくては車検証は交付されません。

虚偽の書類を作ったところで車検を通すことは難しいと思い、調べていたところどうやら「替え玉車検」を行っていたようです。

おそらく「ウラカン」に「スーパートロフェオ」の車体番号を貼り付けて偽装し、ウラカンを検査レーンに通し車検に合格した後、車体番号をスーパートロフェオに貼り直していた可能性が高そうです。

排ガス検査のCOが基準値の23倍出ていたと報告されています。

レース用ランボルギーニ、公道走るため不正車検

伊ランボルギーニの高級スポーツカーのレース用車両の車検を不正に通したとして、神奈川県警交通捜査課などは24日、横浜市都筑区、自動車整備会社役員の男(64)を道路運送車両法違反(不正車検)などの疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
参考:yomiuri.co.jp

ユーザー車検 一発攻略虎の巻 2016年 11 月号 [雑誌]: オートメカニック 増刊
ユーザー車検 一発攻略虎の巻 2016年 11 月号 雑誌: オートメカニック 増刊
  • 著者 :
  • 価格 : ¥ 1,350
  • 雑誌: ページ
  • 出版日 : 2016/09/24
  • 出版社 : 内外出版社

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

東京都・町田駅周辺でテレビ東京を騙る男性が女性に声をかけている模様!連れ去り目的か

東京都・町田駅周辺で、テレビ東 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.