レース車両「ランボルギーニ」を不正に闇車検で通していた自動車整備業者が逮捕!排ガス検査で不正

レース車両「ランボルギーニ」を不正に闇車検で通していた自動車整備業者が逮捕!排ガス検査で不正公道を走行することができない(車検の取得ができない)レース用車両「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」で、公道を走るために不正に車検を通したとして、横浜市都筑区の自動車整備会社役員の男性(64)が道路運送車両法違反(不正車検)などの疑いで逮捕されました。

正規の車検を受けても通らないため、不正に車検を通すことを「闇車検」などと言っていましたが、今はそんな事を請け負う事業者はかなり少なくなりました。

ニュースによると、公道走行可能な「ランボルギーニ・ウラカン」で、排ガス規制の試験を通し、証明書類を作成し、陸運局に虚偽の申請書類を提出して不正に車検証の交付を受けたとありましたが、よくわかりませんでした。

今の車検ではいくらガスレポ証明書があろうが、全ての検査レーンを通り合格しなくては車検証は交付されません。

虚偽の書類を作ったところで車検を通すことは難しいと思い、調べていたところどうやら「替え玉車検」を行っていたようです。

おそらく「ウラカン」に「スーパートロフェオ」の車体番号を貼り付けて偽装し、ウラカンを検査レーンに通し車検に合格した後、車体番号をスーパートロフェオに貼り直していた可能性が高そうです。

排ガス検査のCOが基準値の23倍出ていたと報告されています。

レース用ランボルギーニ、公道走るため不正車検

伊ランボルギーニの高級スポーツカーのレース用車両の車検を不正に通したとして、神奈川県警交通捜査課などは24日、横浜市都筑区、自動車整備会社役員の男(64)を道路運送車両法違反(不正車検)などの疑いで逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
参考:yomiuri.co.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

この記事もチェック!

元SMAP・中居正広がジャニーズ事務所を退所し独立することを認める!新事務所名は「のんびりな会」

2020年2月21日に、ジャニ …

サンリオピューロランドが臨時休館緊急決定!新型肺炎感染拡大防止で22日から

2020年2月21日に、株式会 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.