ホーム / ニュース / 事件・事故 / 公式公道最高速記録を更新!中央道で235km/hをオービス測定したダッジ・チャレンジャー乗り41歳男性

公式公道最高速記録を更新!中央道で235km/hをオービス測定したダッジ・チャレンジャー乗り41歳男性

公式公道最高速記録を更新!中央道で235kmhをオービス測定したダッジ・チャレンジャー乗り41歳男性日本の公道で公式公道最高速記録を塗り替えるのは、スモーキー永田さんではなかったようです。

中央自動車道を235Km/hで爆走したとして、東京都世田谷区世田谷1丁目の会社員41歳男性が逮捕されました。

スピード違反で検挙されたケースとしては過去最高速度とのこと。

最高速アタックに使用された車両は「ダッジ・チャレンジャー」で、フロントのナンバプレートを外した状態で、測定マシン(オービス)での撮影に挑みました。

オービスに撮影されるとき、容疑者は「中指を立てて」5回以上アタックを繰り返したようです。中指を立てることによって、ナンバーが映っていなくてもオフィシャル(警察)の執念の捜査で本人を割り出すことに成功したようです。

しかし、容疑者は「自分かどうかわからないので、認めません」と公式記録を否認しています。

おそらく、彼的には235km/h以上速度を出していたので「(そんな低い記録は)認められない」という事なのでしょう。

てか、意外と低かったんだね公式記録って。

中指立ててオービス通過 時速235キロで中央道

東京・国立市の中央自動車道で法定速度を135キロ、オーバーした時速235キロで車を運転したとして41歳の男が逮捕されました。

白井良宗容疑者はおととし1月、国立市の中央自動車道で、時速100キロの法定速度を135キロ超える時速235キロで車を運転した疑いが持たれています。警視庁によりますと、現場の自動速度取締機、通称「オービス」に前方のナンバープレートを外したスポーツカーが映っていて、所有者の白井容疑者が浮上しました。白井容疑者はおととし、都内の別のオービスに向かって中指を立てながら速度違反をする姿が映っていて、これまでに同じ車で5回以上の速度違反を繰り返していたということです。白井容疑者は「自分かどうか分からないので、認めません」と容疑を否認しています。
参考:news.tv-asahi.co.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

高齢者プリウス乗りから10円パンチを食らう 翌日同じ服装で現れため特定して自宅に凸し罪を認めさせる

オレもどっかでルカ娘に10円パ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.