トヨタ 2000GT 富山県大破訴訟「半額の1787万円」で和解に「全く足りない」との声

トヨタ 2000GT 富山県大破訴訟「半額の1787万円」で和解に「全く足りない」との声2014年に富山県南砺市の国道156号を走行中のクラシックスポーツカー「トヨタ 2000GT」が倒木の直撃を受けて大破しました。

この事故は2000GTの所有者が「事故が起きたのは県が管理を怠ったため」と、車代や治療費約3900万円の損害賠償を求めた訴訟を起こしていました。

この訴訟の結果はどうなるのか、法律関係者だけではなく車好きの間でも話題になっていましたが、今年1月に富山地裁が和解案を示していたようです。

和解案は富山県側が半額の約1787万円を支払うという内容で、2月議会で可決されれば富山地裁で和解が成立する見込みとのこと。

しかし、大破した2000GTがどんな状態もののかわかりませんが、ホンモノというだけで約7000万円程度の価値がオークションでは付いている様なので、求めていた損害賠償額も低すぎるのではないかと疑問が残ります。

ひょっとしたら、この2000GTはレプリカで作られた車体なのかもしれません。

請求損害賠償額だけを見ると、ホンモノの2000GTではなく、レプリカ車体だった可能性が高そうですね。

2000GT大破 半額で和解へ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

組織委・森喜朗会長が東京五輪開催の為に最後の秘策を発表

世界中で新型コロナウイルスが急 …

静岡県が全力で鎖国活動を開始!県内住民の移動にも容赦なし「静岡に来ないで!自粛して!」

静岡県が県外の人間をブロックし …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.