ホーム / ニュース / 事件・事故 / 池袋プリウス暴走事故の飯塚幸三が新車購入を検討!免許返納の考えはなく運転ミスも否定

池袋プリウス暴走事故の飯塚幸三が新車購入を検討!免許返納の考えはなく運転ミスも否定

池袋プリウス暴走事故の飯塚幸三が新車購入を検討!免許返納の考えはなく運転ミスも否定2019年4月19日、東京都豊島区東池袋で「トヨタ・プリウス」が暴走し、母子2名が死亡した池袋プリウス暴走事故の飯塚幸三が、警視庁の任意の事情聴取に「つえを使って歩いていたが、座れば足がふらつくことはなく、運転に影響はなかった」との趣旨の話をしたことが捜査関係者から判明しました。

また、飯塚幸三は足を悪くして通院していますが運転免許を返納する考えはなく事故を起こした4月中には既に新車の購入を検討していたとの事も判明したようです。

警察の捜査ではプリウスを分析した結果、アクセルを踏み込んだ形跡はあるが、ブレーキを踏んだ後は残っていないことが判明しています。

トヨタなどの立ち会いの下、同じプリウスの車で機能検査も実施していますが、飯塚幸三が説明している「アクセルが戻らなくなった」というような異常は確認されていません

飯塚幸三は任意聴取に対して相変わらず「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」と説明していて、自分の運転ミスを否定しているようです。

池袋プリウス暴走事故の上級国民・飯塚幸三を海外メディアが報道「彼の年金は約4千万円」「日本の当局から特別扱い」

元院長「足のふらつき影響ない」 新車購入を検討、池袋の暴走事故

元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意の事情聴取に「つえを使って歩いていたが、座れば足がふらつくことはなく、運転に影響はなかった」との趣旨の話をしていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、飯塚元院長は足を悪くして通院していたが運転免許を返納する考えはなく、事故を起こした4月中に新車の購入を検討していたという。

任意聴取では「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」とも説明。事故を起こしたことは認めたが、運転ミスを否定している。
参考:headlines.yahoo.co.jp

先生! 親がボケたみたいなんですけど…… 「老年精神医学」が教える認知症との付き合い方
先生! 親がボケたみたいなんですけど…… 「老年精神医学」が教える認知症との付き合い方
  • 著者 : 和田秀樹
  • 価格 : ¥ 1,512
  • 単行本(ソフトカバー):208 ページ
  • 出版日 : 2018/11/01
  • 出版社 : 祥伝社

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

神奈川・小田急線の電車が踏切で立ち往生した乗用車と衝突して脱線!本厚木から伊勢原間で上下運転見合わせ

2019年6月18日17時50 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.