ホーム / ニュース / 今使ってるETC車載器は使えなくなる可能性 2022年以降も使える機種の判別方法

今使ってるETC車載器は使えなくなる可能性 2022年以降も使える機種の判別方法

今使ってるETC車載器は使えなくなる可能性 2022年以降も使える機種の判別方法つまり今後も高速無料化は行われないって事だね…

国土交通省およびITSサービス高度化機構、高速道路会社6社連名で、一部のETC車載器が2022年12月1日以降使用できなくなると発表がありました。

今後使用不可になるETC車載器は「平成19年(2007年)以前の技術基準適合証明・工事設計認証(旧スプリアス認証)を受け、製造されたETC車載器」で、旧スプリアス規格で認証を受けた無線設備は2022年11月末まで延長利用できるとされていました。

その期限がいよいよ近づいているという理由で、2022年12月1日以降使用できなくなります

また、旧スプリアス規格を2022年12月以降も電源と接続して電波が発する状態で取り付けられていた場合、電波法違反で取締を受けます

旧スプリアス規格のETC車載器を買い換える場合の購入補助金については「購入補助は想定しておりません。」と回答しています。

さらに2030年までには、ETCシステムそのもののセキュリティ規格が変更されるために、旧スプリアス規格以外のETC車載器も使えなくなる可能性が見込まれています。

現行のセキュリティ規格が適用されるのは最長で2030年予定とされているので、セキュリティに問題が発生した場合は前倒しで変更してETC車載器が使えなくなる時期が早まる可能性もあるとのことです。

こちらの記事もどうぞ

2022年以降も使用できるETC車載器の判別方法

今使っているETC車載器が規制対象のものなのかを見分ける事は、車載器管理番号からできないようです。

2007年以降のETC車載器については個別にメーカーへ問い合わせて欲しいとの事。

ただし、一部メーカーは個別にアナウンスを出しているようです。

  1. 三菱電機:当社の全てのETC車載器は新スプリアス規格に対応
  2. 古野電気:型式名および型式登録番号での照合をお願いします(一覧

2030年頃のセキュリティ規格変更後も使用できるETC車載器の判別方法

新セキュリティ規格に対応しているかの識別は、車載器管理番号と車載器識別マークで確認することが可能です。

    車載器管理番号での識別方法

  1. 新セキュリティ対応:始まりの数字が「1」
  2. 旧セキュリティ対応:始まりの数字が「0」

車載器識別マークで確認する方法は、各マークによって判断します。
車載器識別マーク
参考:its-tea.or.jp, go-etc.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

「ポケモンGO」がきっかけで結婚したトレーナー夫婦 ハイクオリティ「ポケモン風結婚式ムービー」に運営も絶賛

ポケモントレーナーが2016年 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.