ホーム / ニュース / 事件・事故 / 首都高速湾岸線で190km/h走行の動画を仲間内で共有した男性 警察に通報されて逮捕される

首都高速湾岸線で190km/h走行の動画を仲間内で共有した男性 警察に通報されて逮捕される

首都高速湾岸線で190kmh走行の動画を仲間内で共有した男性 警察に通報されて逮捕されるまさかの仲間に裏切られて、警察に情報提供されるという結末。

2018年1月1日2時40分頃に、横浜市鶴見区の首都高速道路・湾岸線で、制限速度80km/hのところを190km/hで走行したとして、さいたま市の会社員男性(23)が道交法違反(速度超過)の疑いで逮捕されました。

高速隊によると、男性は190km/hで走行している時のスピードメーターと前方を自ら撮影した約1分30秒の動画を、スマホアプリ「LINE」で仲間と共有していました。

動画に対して「年越し大暴走」「湾岸線を疾走」などと書き込んでいました。

クルマはカーシェアリングで借りた外車とのことなので、190km/hはリミッターに当たっている状態で撮影されたものかもしれません。

今回逮捕に至ったのは、男性が動画を共有した中にいた知人が動画を見て「危険なので早急に対処してほしい」と警察庁に動画と共に情報提供して、高速隊が捜査していたとのことです。

仲間に「オレスゴい&悪いことしているアピール」をするために撮影、投稿した動画でまさか仲間に裏切られて逮捕されてしまうなんて思っていなかったかもしれません。

こちらの記事もどうぞ

世界最最速投稿ビデオおたく「湾岸の千葉クン」

湾岸線を190キロで走行か 埼玉の男性会社員を逮捕

元日の首都高速道路湾岸線を、乗用車で時速190キロを出して走行したとして、県警高速隊は23日、道交法違反(速度超過)の疑いで、さいたま市の会社員の男(23)を逮捕した。高速隊によると、男は速度超過時のスピードメーターを撮影した動画を無料通信アプリLINE(ライン)で知人らに送っていた。

動画を見た東京都内の男性会社員が「危険なので早急に対処してほしい」と警察庁に動画と共に情報提供、高速隊が捜査していた。
参考:headlines.yahoo.co.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

映画「トイ・ストーリー4」日本公開が2019年7月12日決定!新キャラ「フォーキー」登場の映像も公開

ディズニー映画「トイ・ストーリ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.