2018-2019年度年末年始期間の高速渋滞予測!最大40kmの渋滞が発生する見込み

2018-2019年度年末年始期間の高速渋滞予測!最大40kmの渋滞が発生する見込み年末年始にかけて、全国で渋滞が発生する模様。

いよいよ2018年も終わりを迎える12月も中旬に入る頃になりました。年末年始まであと一歩です。

2018年から2019年にかけての年末年始では12月29日から1月6日までの9連休の会社もあるようですが、一般的には1月3日までの6連休が年末年始休暇になりそうです。

年末年始は帰省ラッシュとUターンラッシュで上り・下り共に道路が混雑します。年末年始の渋滞ピーク日は1月2日と1月3日になると世s濃くされているので、渋滞のピーク日を避けた5日・6日に高速道路を分散利用して欲しいと高速道路各社は告知しています。

渋滞に巻き込まれるということは時間と燃料を無駄にしている訳なので、なるべく渋滞が発生していない日や時間を狙って、高速道路で移動しましょう。

こちらの記事もオススメです!

帰省ラッシュ渋滞のピークは12月29日・30日

下り線帰省ラッシュ渋滞のピークは12月29日と30日になると予測されています。

10km以上の渋滞が29日は12回で、30日は10回になると予測されています。

下り線を利用して帰省する方は、28日に有給を使用するなどして日付をずらした利用がお勧めです。

Uターンラッシュ渋滞のピークは1月2日・3日

上り線・下り線共にUターンラッシュ渋滞のピークは1月2日と3日になると予測されています。

10km以上の渋滞が2日は上り線38回、下り線14回で、3日は上り線33回、下り線12回になると予測されています。

上り線・下り線を利用してUターンする方は、1月4日から6日の間にずらした利用がお勧めです。

年末年始の特に長い渋滞発生予測

  • 12月30日8時ごろ:東名高速道路(下り)伊勢原BS付近で30km
  • 1月1日16時ごろ:東名高速道路(上り)大和TN付近で30km
  • 1月2日14時ごろ:東名高速道路(上り)大和TN付近で35km
  • 1月2日17時ごろ 東北自動車道(上り)加須IC付近で35km
  • 1月2日17時ごろ:関越自動車道(上り)高坂SA付近で35km
  • 1月3日13時ごろ:東名高速道路(上り)大和TN付近で30km

年末年始に発生する渋滞予測の中でも、ピーク時の渋滞長が30kmを越える特に長い渋滞発生予測として、上記の6つのポイントが示されています。
参考:c-nexco.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

高速道路出口で謎の停車後にバックし突っ込む事故!いったい何がしたかったのかと話題に

大阪府堺市にある、阪和自動車道 …

【訃報】俳優の中尾彬さんが81歳で死去

2024年5月16日、俳優の中 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.