Home / 乗り物 / 自動車 / 盗難にあいやすい自動車ランキングトップ5!自動車泥棒に狙われやすい車種はこれだ!

盗難にあいやすい自動車ランキングトップ5!自動車泥棒に狙われやすい車種はこれだ!

盗難に遭いやすい自動車ランキングトップ5!自動車泥棒に狙われやすい車種はこれだ!自動車に限らずですが、盗難はとても怖い!特に自動車とかバイクは1回盗まれたらほぼ帰ってこないし、だいたいは海外に流れてしまう。帰ってきても廃車状態だったりね。自分の大切な物が盗まれると精神的なショックは計り知れないし、経済的な打撃も大きいよね。

今回は日本損害保険協会が発表した2015年度の「第17回自動車盗難事故実態調査」の内容を見ながら、車種別の盗犯被害件数上位のトップ5を紹介していくよ!


スポンサーリンク

盗難の被害自体は過去に比べて激減

最近の自動車は鍵の中にパスワードみたいなデータが入っていて、自動車もそれを知っているから一致しないとエンジンがかからなかったりするイモビライザー機能や、優秀なカーセキュリティの発達によってなのか、日本の治安が良くなっているのかデータ比較してないのでわからないけど盗難件数自体は減っているみたい。

といってもこれが自動車盗難の全ての件数では無いのであくまで参考値です。

    ・2012年:512件

    ・2013年:619件

    ・2014年:372件

    ・2015年:312件

ちなみにこのデータは車上荒らしは含んでない、純粋な車両本体の盗難件数を合計した数です。

一時期は600件近くあった盗難件数が約半分の300件になっていますね。なんで13年はこんな治安悪かったんだろ。

第5位:トヨタ クラウン

第5位:トヨタ クラウン第5位はトヨタのクラウンです。
盗難件数が15件で、盗難全体での割合は4.8%です。

2014年度の調査では6位だったので、盗難件数が増えています
ちなみに、マジェスタとエステートを含む数です。

高級車と言えばクラウンと言うほど日本では代表的な自動車です。高級車と言うことは当然盗まれやすくなりますよね。
クラウンオーナーの方はより一層注意して下さい。

第4位:トヨタ アクア

第4位:トヨタ アクア第4位はトヨタのアクアです。
盗難件数が18件で、盗難全体での割合は5.8%です。

2014年度の調査でも4位だったので、盗難件数は減ったものの順位は変わっていません

アクアもよく見るからな。街中で。
プリウスより安くて燃費良いから人気なんだろうね。
人気があると言うことは自動車泥棒からも人気が出てしまうと言う凄く迷惑なおまけが付いてきました。凄く迷惑だw

第3位:トヨタ ランドクルーザー

第3位:トヨタ ランドクルーザー第3位はトヨタのランドクルーザーです。
盗難件数が23件で、盗難全体での割合は7.4%です。

2014年度の調査でも3位だったので、盗難件数は減ったものの順位は変わっていません
ちなみに、プラドを含む数です。

SUVは荷物も詰め込めるし、大きくて快適だからやっぱり人気出ちゃうよね。
特に海外はこのくらいの大きさじゃ無いと話にならなそうだから自動車泥棒に人気なのも納得。

第2位:トヨタ ハイエース

第2位:トヨタ ハイエース第2位はトヨタのハイエースです。
盗難件数が55件で、盗難全体での割合は17.6%です。

2014年度の調査でも2位だったので、盗難件数は減ったものの順位は変わっていません
ちなみに、レジアスとグランビアを含む数です。

ハイエースと言えば、盗難されやすい自動車と真っ先に思い浮かびます。2007年から7年連続1位を獲得していたハイエースなので盗難されやすいと言えば真っ先にハイエースが思い浮かんでいました。

しかし、2012年からイモビライザーが標準装備になり盗難件数は約半数に激減します。やはり、イモビライザーというか自動車泥棒の手を煩わせる行為は効果が抜群のようだね。

ハイエースが自動車泥棒から人気の理由は、もちろん海外でも人気があって転売しやすいというのもあるけど、職人さんや技術職関係の人が愛用している傾向があるので、積んでいる工具や道具目当てで泥棒から目を付けられると言われています。やっぱり、積みっぱなしにしちゃうよね。めんどいし。

ハイエースオーナーの方はセキュリティに力を入れて大事な愛車に悪の手を寄せ付けないように気をつけて下さい。

第1位:トヨタ プリウス

第1位:トヨタ プリウス第1位はトヨタのプリウスです。
盗難件数が62件で、盗難全体での割合は19.9%です。

2014年度の調査でも1位だったので、盗難件数は減ったものの順位は変わっていません

ハイエースから盗難被害者の王座を奪ったのがみんな大好きこのプリウスです。
ホントに街の中はプリウスだらけだからね。そりゃ自動車泥棒からも人気出ちゃうよね。

というか、2位のハイエースと1位のプリウスだけで盗難被害全体の約4割を占めてしまうって、ちょっと異常だな。数多くの車種が日本には存在するのに盗難に目を付けられるほとんどの車はハイエースとプリウスって事だよね。人気すぎる…

プリウスの高い燃費性能は世界でも高い評価を得ていて人気なので、やはり自動車泥棒にも人気が出てしまいますね。

ヘッドライトユニットだけ盗まれたりと、プリウスはパーツだけでも転売が容易に出来てしまうほど人気なので、厳重に守ってあげないと直ぐに窃盗犯に目を付けられてしまいそうです。車両保険は必須です。

番外編:日産 スカイライン(GT-R含む)

番外編:日産 スカイライン番外編として人が愛して止まない、日産のスカイラインをご紹介。

スカイラインは第11位で、盗難件数が5件で、盗難全体での割合は1.6%です。

2014年度の調査では13位だったので、盗難件数が増えています
この数字は全てのスカイラインとスカイラインGT-Rを含む数です。
おそらくほとんどがGT-Rな気がしますが…

詳細が無いので初代ALSI型からなのかR30からなのかわかりませんが盗難被害車として人気が出てきているようです。

というのも、最近は続々と海外で輸入規制が解除されていっています。GT-Rには熱心なファンがとても多く、海外では規制解除を心待ちにしていたファンが多く日本で購入するよりもとても高い値段で売れているようです。

アメリカでは中古車に25年ルールというものがあり、販売から25年経過すると旧車とみなされて輸入規制がとても緩くなります。25年たったのがBNR32で現在とても人気が出ているようです。次はBCNR33。その次はBNR34と時間の経過と共に自動車泥棒からも人気が出て行くと考えられるわけです。

1度海外に流れてしまった車は、2度と国内には戻ってきません。

日本の名車を保護するために、長く自動車を愛用しているユーザを苦しめるばかりの現在の税制を見直して欲しいです。

トップ5位全て独占のトヨタ車

やはりトヨタ車の人気は絶大です。盗難被害車でもトップ5位を独占しています。
ユーザにとってはとても迷惑な話ですが、それだけ人気があると言うことだね。

まぁ、プリウスとかハイエースとかアクアというかトヨタ車は絶対数がデカいので、当然盗難の被害数も多くなるよね。

トヨタ車だけが盗難の被害にあっているわけでは無いので、気を抜いていると盗難の被害に遭ってしまうかも知れません。盗難されにくくする工夫や、万が一の時に備えて車両保険の加入も今一度考えて見て下さい。

・参考:sonpo.or.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

BMW 1Mでクルマのサイズぴったりのパネルをドリフトしながら駆け抜ける!

BMWのプロモーションってなん …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.