ホーム / ニュース / バイクレース「MotoGP」225km/hで気に入らない奴のブレーキを握る暴挙 所属チームはブチギレで猶予与えずクビを宣告

バイクレース「MotoGP」225km/hで気に入らない奴のブレーキを握る暴挙 所属チームはブチギレで猶予与えずクビを宣告

バイクレース「MotoGP」225kmhで気に入らない奴のブレーキを握る暴挙 所属チームはブチギレで猶予与えずクビを宣告これは危険すぎてヤバすぎ…

オートバイによるモータースポーツの最高峰カテゴリ「MotoGP」のMoto2クラスで、ロマーノ・フェナティが約140マイル(225キロ)で走行中のライバルマシンのブレーキを握るという暴挙にでて、世界中のファンや関係者達から非難を浴びて絶賛炎上中です。

ブレーキを握られたステファノ・マンツィは、直前にブレーキを握ったロマーノ・フェナティを抜こうとして接触してしまい、両マシンともにコースアウトしてしまいました。

その後、ロマーノ・フェナティが先にコースに復帰したステファノ・マンツィを追いかけて、バックストレートで接近して、ブレーキレバーを握るという報復行為を行った様です。

ブレーキを握られた直後にバランスを崩しかけましたが、なんとか持ちこたえている様子が動画からわかります。

ブレーキを握る暴挙に出たロマーノ・フェナティの所属チームは、この危険行為を重く受け止めていて大憤怒。

チームは「今後、チームからレースに出場することはない」「世界中のファンに申し訳なく思っている」というコメントを発表して、全くの猶予も与えずに、ロマーノ・フェナティのクビを宣言しました。

こちらの記事もどうぞ

ブレーキを握る危険行為を行うシーン

所属チームが発表したコメント


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ラノベ「涼宮ハルヒ」シリーズが約5年ぶりに復活! ついにハルヒに会える

会いたくて会いたくて震えてた。 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.