260km/hまで追いかけてくる!警視庁の公道最速覆面パトカー「マークX+Mスーパーチャージャー」

260km/hまで追いかけてくる!警視庁の公道最速覆面パトカー「マークX +Mスーパーチャージャー」日本の警察もついに速度リミッターの解除をするようになったのでしょうか?日本の警察は180km/h以上の車は追いかけないと「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の劇中で言われていた影響で、多くの人が180km/h以上の速度は出ず、リミッターがかかっているという認識のようですが、確かに日本の警察車両は市販車を使用しているのでリミッターがかかっています。

今回は昨年夏に導入された、日本の警察史上最速の覆面パトカー「マークX + Mスーパーチャージャー」に関する記事を紹介したいと思います。

この車両はトムスが開発したスーパーチャージャーを装備し、ECUも専用に最適化された物を装備しています。馬力は360馬力でトルクは50.7kgmとなっているようです。

確かに、このパワーと車重1500Kg代なら260km/hぐらい出そうですが、180km/hのリミッターはどこ行っちゃったんだ。交換されたECUでリミッター解除されてるのかな?

リミッターに関する疑問は残りますが、さらに疑問なのは「260km/hまで追いかけてくる」という事実のソースがTwitterと言うこと。

結構検索したけど、そんな発言している人いなかったんだよね…

こちらの記事もオススメです!

ニッポン警察史上“最速覆面パトカー”の正体は「スーパーチャージャー搭載360馬力の本気仕様マークX」

「260kmまでついてこられた」なんてツイートされるほど速い、速すぎる交通覆面パトカーが東京に登場した!

ベースとなるのは、3.5リッターV6エンジンを搭載したスポーツグレードの350S。外観はトヨタモデリスタのエアロパーツで武装。車名の「M」はモデリスタの頭文字だが、本気仕様の意味も込められるメーカー完成車だ。

警視庁マークXスーチャーはここにいます!

●高速道路交通警察隊新富分駐所
ナンバー:足立302ち7529、足立302ち7530
ボディカラー:ホワイトパール、クリスタルシャイン
取り締まり路線:首都高全線。特に湾岸線、9号深川線、都心環状線、11号台場線
参考:nikkan-spa.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

反ワクチン派「山手線1周ノーマスクイベント」決行!JR山手線車内がノーマスクで溢れる

2022年1月16日、アンチワ …

東大刺傷事件の高校生が在籍する東海高校の謝罪コメントが賛否両論で炎上「コロナ禍で生徒が分断」

2022年1月15日 8時30 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.