What's New
Home / ニュース / 「クマのプーさん」の著作権が切れてパブリック・ドメインに!今後は二次創作を含め自由に利用可能に

「クマのプーさん」の著作権が切れてパブリック・ドメインに!今後は二次創作を含め自由に利用可能に

「クマのプーさん」の著作権が切れてパブリック・ドメインに!今後は二次創作を含め自由に利用可能にディズニーのアニメで作品の知名度が大きく向上した人気作品「クマのプーさん(Winnie-the-Pooh)」ですが、著者ミルンが亡くなった1956年1月31日から日本の著作権保護期間50年と戦時加算の約10年半の日数を加えた2017年5月21日にパブリックドメイン(共有財産)入りしました。

パブリックドメインとなったことで、著作権の効力が無くなり今後は二次創作を含めて自由に「くまのプーさん」を利用できるようになります。

TPPが発行されることで、著作権保護期間が延長されて「クマのプーさん」はパブリックドメインにはならないと言われていましたが、結局パブリックドメインになりました。

なお、一度パブリックドメイン入りしたものに著作権が復活することはありません。

パブリックドメインの注意点

昨日無事にパブリックドメイン入りした「クマのプーさん」ですが、自由に利用できるようになったのはあくまで原作小説のみであって、後からディズニーによって制作されたアニメやキャラデザなどは対象外です。

「よっしゃー!プーさんの著作権切れたから自由に製品化してやるぜ!」といって、ディズニーのプーさんを利用して製品を作ると、当然ディズニーの法務部が動いて粛清されます。気をつけましょう。
参考:internet.watch.impress.co.jp,flickr.com

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。

その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。

バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

日産 R32 スカイラインGT-Rの製造廃止部品約80パーツを復刻生産開始!12月から発売し今後はBCNR33・BNR34へも拡大

今年4月に日産が「ニスモ・カー …

One comment

  1. じゃあその写真もディズニーの法務部が怒るんじゃないですかねぇ・・・

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.