「クマのプーさん」の著作権が切れてパブリック・ドメインに!今後は二次創作を含め自由に利用可能に

「クマのプーさん」の著作権が切れてパブリック・ドメインに!今後は二次創作を含め自由に利用可能にディズニーのアニメで作品の知名度が大きく向上した人気作品「クマのプーさん(Winnie-the-Pooh)」ですが、著者ミルンが亡くなった1956年1月31日から日本の著作権保護期間50年と戦時加算の約10年半の日数を加えた2017年5月21日にパブリックドメイン(共有財産)入りしました。

パブリックドメインとなったことで、著作権の効力が無くなり今後は二次創作を含めて自由に「くまのプーさん」を利用できるようになります。

TPPが発行されることで、著作権保護期間が延長されて「クマのプーさん」はパブリックドメインにはならないと言われていましたが、結局パブリックドメインになりました。

なお、一度パブリックドメイン入りしたものに著作権が復活することはありません。

パブリックドメインの注意点

昨日無事にパブリックドメイン入りした「クマのプーさん」ですが、自由に利用できるようになったのはあくまで原作小説のみであって、後からディズニーによって制作されたアニメやキャラデザなどは対象外です。

「よっしゃー!プーさんの著作権切れたから自由に製品化してやるぜ!」といって、ディズニーのプーさんを利用して製品を作ると、当然ディズニーの法務部が動いて粛清されます。気をつけましょう。
参考:internet.watch.impress.co.jp,flickr.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

メタルギアソリッドがPS5とPCでフルリメイク決定情報がリーク

小島秀夫監督が手がける名作ステ …

元TOKIO・山口達也容疑者の飲酒運転事故映像が公開!ヤバすぎる蛇行で非番警官の車に追突

2020年が9月22日に、ジャ …

One comment

  1. じゃあその写真もディズニーの法務部が怒るんじゃないですかねぇ・・・

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.