衆院選投票立会人の76歳老人が寝坊!少なくとも2人が投票できず開設が遅れる

衆院選投票立会人の76歳老人が寝坊!少なくとも2人が投票できず開設が遅れる皆さんもう投票には行きましたか?

大阪府高槻市では衆院選投票立会人の76歳男性が寝坊し遅刻したため、投票所の開設が21分遅れて、少なくとも2人が投票できなかったと発表がありました。

76歳が寝坊するのが原因で少なくとも2人の票が消えてしまった可能性がありますが、2人以上必要な仕事に2人しか用意してなかった管理体制にも問題はありそうです。

こういう人為的なトラブルもあるリアルでの投票より、ネットで投票できるようになるのが一番良いと思うんですが、まだ道のりは長そうです。

こちらの記事もオススメです!

衆院選投票立会人が寝坊、やってもうた…開設遅れる

大阪府高槻市選挙管理委員会は22日、同市天川町の大冠小に設けられた衆院選の投票所で投票立会人の男性(76)が寝坊し遅刻したため、投票所の開設が21分遅れ、少なくとも2人が投票せずに帰ったと発表した。

市選管によると、投票立会人は2人以上が必要だが、男性が現れなかったため急きょ代理を立てた。

だが午前7時の投票開始時間に間に合わず、投票が始まった際、約20人が待っていたという。
参考:nikkansports.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

埼玉県で搬送中の救急車とプリウスが交差点で衝突!プリウスが外音を遮断して気がつかず特攻か

2021年10月16日 13時 …

飲食店の営業時短要請 11月に全面解除へ!海外からの入国者への水際対策も緩和の方向

2021年10月17日、山際大 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.