約4割の高齢者ドライバー「高速逆走しないと思う」年齢上がるにつれ「運転に自信ある」割合増加

約4割の高齢者ドライバー「高速逆走しないと思う」年齢上がるにつれ「運転に自信ある」割合増加自分の事は自分で理解できないだろうから、やっぱり国主導の対策が必要。

NEXCO東日本が「車の運転に関する意識調査」の結果を発表しました。

調査対象は高齢者ドライバー(65歳以上男女104人)と、65歳以上のドライバーを親に持つ子ども世代(30~50代男女312人)です。

調査対象者に「高速道路での逆走のうち66%が65歳以上のドライバーによるものというデータ」を知らせた結果、高齢者ドライバーで最も多かったのは「自分も車を運転するので関係ある」(58.7%)だったようです。

続いて多いのが「自分は逆走を起こさないと思うので関係ない」(35.6%)と、約4割は「自分とは関係ない・興味ない」と考えていることが明らかになりました。

また、年齢が増加するにつれ「運転に自信がある」という回答が増加していることも同時に明らかになりました。

普通自動車運転免許の取得資格には18歳以上と下限年齢があるので、今後上限年齢が定められないと高齢者ドライバーが原因となる事故の根本的な解決は難しいかもしれません。

地方や集落ではクルマがないと生活できないなど、高齢者の運転に関しては問題は山積みです。

こちらの記事もオススメです!

高齢ドライバーの4割「自分は高速道路で逆走しないと思う」 免許返納しても良いと思う年齢は約80歳

NEXCO東日本は2月6日、「車の運転に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象は高齢ドライバー(65歳以上男女104人)と、65歳以上のドライバーを親に持つ子ども世代(30~50代男女312人)。

高速道路での逆走のうち66%が65歳以上のドライバーによるものというデータを知らせると、高齢ドライバーで最も多かった多かったのは「自分も車を運転するので関係ある」(58.7%)だった。しかし、次いで多かったのは「自分は逆走を起こさないと思うので関係ない」(35.6%)と、約4割は「自分とは関係ない・興味ない」と考えていることが明らかになった。
参考:news.livedoor.com

高齢者ドライバーの事故動画


高齢者講習認知機能検査高得点対策

高齢者講習認知機能検査高得点対策

川上 一郎
1,980円(03/05 05:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

首都高・辰巳第二PAを意図的に逆走するプリウスが話題に!高齢男性風の運転手が窓から顔出し逆走

首都高速道路にある辰巳第二PA …

静岡でイキリスリップしたRX-8が歩道に突っ込み大破!一部始終がライブカメラに映る

2024年2月29日、静岡県浜 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.