群馬県太田市・清水聖義市長が中国にマスク11万枚送り休校要請拒否し市民の個人情報公開とやりたい放題

群馬県太田市・清水聖義市長が中国にマスク11万枚送り休校要請拒否し市民の個人情報公開とやりたい放題群馬県太田市の清水聖義市長が新型コロナウイルス感染拡大の中、やりたい放題だと話題になっています。

2020年2月7日には日本国内でも深刻なマスク不足となっている中、中国に11万枚のマスクをプレゼントし、国から休校要請をされるも安倍総理を批判し従わずに小学校を休校にしなかったものの、市内に新型コロナウイルス感染者がでたことで直ぐさま考えが変わり小学校を休校にしました。

3月8日には、7日に新型コロナウイルスの感染確認が報告された太田市の保育士40代女性について、清水聖義市長自らのTwitterアカウントに「保育所の名称」「職場での様子」「結婚の有無」などといった感染者の個人情報をツイートし公開しました。

Twitter上では「情報漏洩レベル」「市長狂った?」「市長選挙を軽んじた結果」などと炎上しています。

こちらの記事もどうぞ

群馬県太田市・清水聖義市長のまとめ

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

【訃報】女優・竹内結子さんが自宅で死亡!首つり自殺の可能性

2020年9月27日、女優・竹 …

メタルギアソリッドがPS5とPCでフルリメイク決定情報がリーク

小島秀夫監督が手がける名作ステ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.