香川県のゲーム依存症対策条例で不正発覚か!賛成パブコメ原本にはテンプレ文書が大量発見で投稿者のIPは内部アドレスだった

香川県のゲーム依存症対策条例で不正発覚か!賛成パブコメ原本にはテンプレ文書が大量発見で投稿者のIPは内部アドレスだった2020年3月18日に、香川県議会で、18歳未満の子供に対しゲームの利用時間を1日60分までとするといった内容を盛り込んだ「ネット・ゲーム依存症対策条例」が可決されました。

当時からこの条例を巡って様々な問題や不正の疑いがありましたが、2020年4月13日にパブリックコメントの原本が情報公開請求され開示されました。

パブリックコメントでは全体の84%にあたる2,269件が賛成意見だとされていましたが、開示された賛成意見にはテンプレ文章が大量発見され、投稿者のIPアドレスはプライベートIPアドレスである「192.168.7.21」が表示されていたようで、確認できる原本に載っているIPアドレスは全て同じものでした。

プライベートIPアドレスは通常同じ施設や組織内で使用するアドレスで、外部に対しては非公開のアドレスを示します。

プライベートIPアドレスの投稿者が大量にいると言うことは、集計サーバと同じ建物内でローカル接続している同じ端末から送信された場合か、集計サーバに設置したフォーム自体のIPアドレスが出力されていること、リバースプロキシを使用している等が考えられます。

いずれにせよ、グローバルIPアドレスが記載されていなければ何のために出力しているのか疑問です。

条例が可決された最終会合では「賛成も多いし早く採決しよう」と促す声もあり、20分で審議は打ち切られました。

明らかにおかしなことがここまで続いてしまうと、ますます不正の疑いが強まっていきます。

今後も条例可決について様々な疑問等が出てくると思いますが、大山一郎県議は全てをクリアにしていく必要があるでしょう。

香川県のゲーム依存症対策条例が可決!2020年4月1日からゲームは1日60分に制限で脱香川が始まるか

こちらの記事もどうぞ

ゲーム条例のパブコメ「原本」が開示

Twitter上の反応


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

第44回隅田川花火大会2021が開催中止を発表!延期開催もなし 2年連続で中止に

2021年10月23日 土曜日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.