保育士が新型コロナ感染判明で横浜市が保育継続と保護者への隠蔽を指示!保育所は独断で翌日保護者に一斉メール送信し園児を救う

保育士が新型コロナ感染判明で横浜市が保育継続と保護者への隠蔽を指示!保育所は独断で翌日保護者に一斉メール送信し園児を救う2020年4月8日に、横浜市神奈川区にある私立の認可保育所の保育士が新型コロナウイルスに感染したことが判明した際に、横浜市は保育所に翌日からも通常通りの保育を継続し、保護者にはすぐに伝えないように指示していたとして炎上しています。

新型コロナウイルスに感染した保育所の20代女性保育士は、3月30日に発熱などの症状が出始め、4月8日に感染が判明したようです。

保育所は横浜市の担当部署に保育士の感染を直ちに報告し、翌日から保育所を閉所したいと主張しましたが、横浜市側は9日に通常通り保育を継続するように指示し、保育士は感染が確認される4日前から出勤しておらず、確認の前後でリスクが高まるわけではないなどとし、感染者の発生を行動調査などが終わるまで保護者に知らせないように求めました。

保育所側はいったんは納得したものの、9日朝には独断で感染者の発生を保護者にメールで伝え、通所の判断を保護者に委ねました

その結果、保育所は9日に子供を預からなかったとのことです。

この出来事について、横浜市の市立保育園の園長らで作る「横浜市私立保育園園長会」が、横浜市の対応は隠蔽ともとれるとして、4月13日に林市長に要望書を提出しました。

もし保育所が勇気を出して横浜市に逆らわずに、情報隠蔽に協力していたとしたら園児を巻き込んで感染クラスター化していた可能性もあります。

また、今回のケースが私立ではなく横浜市立だった場合、市からの指示に抗うことは非常に難しく、通常通りの保育継続と情報隠蔽が行われていたかもしれません。

混乱を避けるためであれば、感染者は4日前から出勤していないため、園児の感染リスクは低いと保護者に知らせて判断を委ねれば良かったと思います。

流石に今回の判断をした担当者はヤバすぎる。

こちらの記事もどうぞ

横浜市 保育士感染を保護者に知らせず保育継続を指示

横浜市内にある私立保育所の保育士が今月8日、新型コロナウイルスに感染したことが確認された際、市が保護者には知らせないよう求めたうえで、保育を継続するよう指示していたことが分かりました。
参考:nhk.or.jp

横浜市私立保育園園長会が横浜市長に提出した要望書

Twitter上の反応


カレンの台所

カレンの台所

滝沢カレン
1,520円(09/24 16:01時点)
発売日: 2020/04/07
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

元TOKIO・山口達也容疑者の飲酒運転事故映像が公開!ヤバすぎる蛇行で非番警官の車に追突

2020年が9月22日に、ジャ …

元TOKIO・山口達也容疑者が酒気帯び運転の疑いで逮捕!バイクに乗り信号待ちの車に追突する事故

2020年が9月22日に、ジャ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.