新型コロナ感染を90%以上防ぐワクチン発表のファイザー社CEOが持ち株60%以上売り抜け!ワクチン効果に暗雲か

2020年11月9日に、アメリカの大手製薬会社・ファイザー(Pfizer)が、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの治験で、感染予防に90%以上の効果を発揮したとする暫定的な結果をプレスリリースで発表しました。

世界的に非常にポジティブなニュースで、多くの人々が論文の発表やワクチンの供給に対して期待を示しました。

その結果、NY株式市場のダウ平均株価は大幅に上昇して最高値を更新し、ファイザーの株価も大幅に上昇しました。

そんな中、ファイザーのCEOが保有する自社株を60%以上売却し、約560万ドル(約5.9億円)を手にしたと報じられ、ワクチンの効果を疑問視する声が上がり始めています。

こちらの記事もどうぞ

ファイザーCEOらも保有株売却

米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は、保有する自社株の売却で約560万ドル(約5億9000万円)を手にした。新型コロナウイルスのワクチン期待で一部の製薬会社の株価が上昇しており、これら企業の幹部が保有株を売って利益を得る例が相次いでいる。

同日のファイザーの株価は、ドイツのビオンテックと開発する新型コロナワクチン候補の暫定結果を発表した後に急騰した。ファイザーの広報担当者は両幹部の株式売却について、個人的な資産計画の一部だと説明。両氏ともインサイダー取引に抵触するのを防ぐため株価が一定の水準に達した際の売却を事前に指示しており、ブーラ氏は今年8月に、サスマン氏は昨年11月に売却水準を設定していた。
参考:bloomberg.co.jp

ファイザーCEO持ち株売り抜けでワクチン効果に疑問視する声

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

第44回隅田川花火大会2021が開催中止を発表!延期開催もなし 2年連続で中止に

2021年10月23日 土曜日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.