ウレタンマスクは粒子除去率0%台でほぼ「意味なし」と判明!新型コロナへの防御力は皆無だった

若者を中心に着用者が多い「ウレタンマスク」ですが、昨年末にマスク素材ごとに飛沫防止効果のシミュレーション結果が発表され、ウレタンマスクは吐き出し飛沫量が約50%、吸込飛沫量は約30~40%しかカットできないことが判明し話題になりました。

この結果が発表されて、ただの板である「フェイスシールド」「マウスガード」はマスクの代用にはならないことや、多くの人が着用しているウレタンマスクも不織布マスクと比較すると非常に性能が劣ることが判明し、ウレタンマスク着用者に絡んでくる人まで現れると報じられていました。

そんな中PC上のシミュレーションではなく、実際にマスク素材毎に粒子除去性能の実験を西村秀一医師が行い、ウレタンマスクの衝撃の粒子除去性能が明らかになりました。

実験によると、5um以上の粒子の除去性能では、不織布マスクが99.1%の除去率、ウレタンマスクが8.2%の除去率で、一番小さい0.3~0.5umの粒子では、不織布マスクが90.8%の除去率、ウレタンマスクは0.9%の除去率となり、ウレタンマスクにほぼ効果が無いことがわかりました。

ウレタンマスクの上に不織布マスクをつける二重マスクについて、西村秀一医師は「構わないと思います」と答えているので、不織布マスクでは肌がかぶれてしまうユーザも安心して2重マスクで不織布マスクを着用できるのではないでしょうか。

西村秀一医師はこの実験結果に対し「もしかしたらこれが、若者たちの間の感染が多い理由の1つになっているのかもしれない」「ウレタンマスクを寒さ対策とか、すっぴん隠しの目的で使うことには異論ありません」とコメントしています。

こちらの記事もオススメです!

マスク素材別の粒子除去性能

参考:toyokeizai.net

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

auのインターネット回線 auひかり

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

テレワーク・ゲームに必須の光回線
混雑回避の次世代通信方式で高速化

次世代通信対応でWiFiルーター永年無料

So-net 光 プラス

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大60,000円還元中

マスク素材別の飛沫防止効果のシミュレーション結果

参考:tut.ac.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

居酒屋のキャッチに付いていったらぼったくり店で炎上!客引きはぼったくりだから要注意

東京・新宿で街中にいる客引き「 …

首都高・湾岸線で右車線を塞ぐスーパーカー軍団に怒りのスラロームあおり運転ハイエースが登場

首都高速道路湾岸線の多摩川トン …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.