新型コロナの年内に収束見込めず数年は必要との見込み!尾身会長「数年たち不安感がなくなれば終息」

2021年3月5日、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が、参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症の年内終息は見込めないとの見方を示しました。

尾身会長は終息の定義として「さらに1年、あるいはさらにもう1年たち、季節性インフルエンザのように、それほど不安感がなくなれば終息となる」とコメントしています。

仮定の話で年内に人口の6から7割がワクチンの接種を受けた場合でも、今年の冬までは感染が広がり、重傷者も時々出ると考えを示しました。

ワクチンの効果が数年以上持続し、1日も早く終息する事を願いたいです。

こちらの記事もどうぞ

尾身会長、年内終息見込めず 「冬までは感染広がる」

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院予算委員会で、コロナ感染の年内の「終息」は見込めないとの見方を示した。年内に人口の6、7割がワクチン接種を受けると仮定しても「おそらく今年の冬までは感染が広がり、重症者も時々は出る」と述べた。

終息の定義として「さらに1年、あるいはさらにもう1年たち、季節性インフルエンザのように、それほど不安感がなくなれば終息となる」との考えを披露した。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

埼玉県で殺人級のヤバすぎるあおり運転!バイクに親でも殺された勢いで殺しに行く車

埼玉県深谷市の国道17号線で、 …

神奈川県厚木市でプリウスにハコ乗りで暴走しながらイキリまくってしまう!気分良くなりマスク投げ捨ても

2021年4月4日、神奈川県厚 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.