元五輪開会式演出・小山田圭吾の辞任はトヨタのCM降板が決め手か!電通とチームは最後まで続投で粘ったとの情報

2021年7月19日、東京オリンピック・パラリンピックの開会式で楽曲の作曲を担当することになっていた、コーネリアス(Cornelius)としての活動で知られていた小山田圭吾(52)さんが、学校時代に障害のある同級生らをいじめていたことが問題となり辞任しました。

小山田さんの障害のある同級生らに対する虐待や性行為の強要などが問題となり始めた当初、組織委員会・武藤敏郎事務総長は開会式までの時間がないことを受けてか「このタイミングなので引き続き貢献していただきたいと考えている」とし、解任しない考えを示していました。

しかし、激しい世論の怒りや世界中で報道されて炎上してしまったことを受けてか、組織委員会は本人の辞任の申し出を受け入れ、小山田さんの行為について「断じて許されるものではない」とする声明を発表するという急転回となりました。

楽曲の制作担当は4人いて、小山田さんは約4分のオープニング曲を担当していたようです。

大会関係者によると組織委員会は小山田さんへの批判を受け辞任させる方向で調整し始めていたようですが、映像チームのメンバーが「小山田さんを降ろすなら、我々も降りる」と辞任の構えを見せ、他のメンバーも後に続いていしまったため、開会式が成り立たなくなることを恐れて組織委員会は一転して小山田さんの続投方針を固めたという話が出ています。

また、真偽は不明ですが今回の小山田さん辞任については電通とクリエイターチームが最後まで抵抗し続投で粘っていたようで、辞任の流れの決め手になったのはトヨタのCM降板とのツイートも出てきています。

本日は東京オリンピック・パラリンピック文化プログラムに参加していた絵本作家・のぶみさんが辞任しました。

のぶみさんは過去に在学時の暴力行為を自慢したり、3ヶ月前の牛乳を中学の担任に飲ませるという行為を笑い話として本に書いたりしていたことが発覚し、炎上していました。

小山田さんの件があったからか、のぶみさんの火消しは非常に早い対応でした。

東京オリンピック開催まであと3日、担当者の過去を知っていたのか、バックグラウンドスクリーニングをせずに何も調べずに採用したのかは不明ですが、続々と問題を抱えている担当者が辞任していきます。

これだけ問題ある人選してるのに、責任者は自分のこと以外では責任を取らない。
いったい何のためにトップがいるのかわからないよ…

こちらの記事もオススメです!

小山田圭吾さんの辞任はトヨタのCM降板が決め手との情報

大学生になったら
1枚は持っておくべきVISAカード

会社員・個人事業主 発行可能

三井住友VISAカード

今なら当サイトから入会で

初年度年会費無料最大10,000円相当獲得可能

テレワーク・ゲームに必須の光回線
月額料金割引が人気のSo-net 光 プラス

次世代通信対応でWiFiルーター永年無料

So-net 光 プラス

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大70,000円還元中

開幕直前の小山田圭吾氏ドタバタ辞任劇、連鎖辞任恐れ続投も批判やまず一転

事前にいじめ告白を把握できなかった部分について、中村英正開催統括は「我々は反省しており(一時は続投という)誤った判断をしてしまった。エグゼクティブ・プロデューサーをはじめ、クリエイターチームも把握していたとは聞いておりません」と説明した。

一方、ある大会関係者によると、組織委は批判を受け、いったんは小山田氏を辞任させる方向で調整し始めていた。映像チームのトップ級メンバーが「小山田さんを降ろすなら、我々も降りる」と辞任の構えを見せ、他のメンバーも後に続いた。開会式が成り立たなくなることを恐れた組織委は一転、小山田氏続投の方針を固めたという。
参考:news.yahoo.co.jp

小山田圭吾さんの過去の行為まとめ

のぶみさんの思想や過去の行為まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

高校の教室が新型コロナの影響でとんでもないことに!「公平性に欠ける」「何も見えなかった」

Twitter上で新型コロナ対 …

池袋プリウス暴走事故・飯塚幸三が控訴せず禁固5年の実刑判決確定!ただし収監されない可能性も

2021年9月17日、 月2日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.