Home / ニュース / 高速道120キロ時代へ突入!1963年以降初の最高速度引き上げ

高速道120キロ時代へ突入!1963年以降初の最高速度引き上げ

高速道120キロ時代へ突入!1963年以降初の最高速度引き上げ前々から言われていましたが、ついに警視庁が最高速度引き上げを容認しました。

警察は収益減っちゃうから容認したくないんだろうね。あと、老害並に頭固くて前例無い事はやりたくないし。まぁ、良く容認したと思うよ。


スポンサーリンク

高速道路の最高速度を100kmから120kmに引き上げへ

新東名など高規格の高速道の一部で一定の条件が整えば、最高速度について現行の100キロから120キロへの引き上げを容認すると決めた。
 
日本で最初の高速道、名神高速が開通した1963年以降、100キロだった高速道の最高速度引き上げは初めて
 
試行結果を踏まえ順次、速度を段階的に引き上げ、対象路線や区間も拡大する。
参考:news.livedoor.com

全車線を一律で同じ制限速度にしないで、アウトバーンみたいに車線毎に制限速度作ればより安全だと思うんだけどな。

東名なんて140km/hで平気だよ。140km/hぐらいで流れてること多いんだからそれが道路の実体でしょ。右車線だけ140km/hにして、軽とか大型だけ100km/hにすれば良いじゃん。右車線通行禁止で。かなり良い案だと思うんだけどね。

だいたい軽に120km/hはギリギリでしょ。制限速度が1963年から更新されていないって言うのも驚きだよ。

1963年の自動車の性能を調べてみた

0116_ToyopetCrownModelRS41当時発売されていたトヨペットのクラウンを基準に見ていきたいと思います。

でも、車両概要に「本格的な高速交通時代に備え、1962年に高速性能、居住性等を兼ね備えた2代目ヘモデルチェンジした」ってあるし、当時のレースにも出場していた車だから高性能な部類だと思う。今のクラウンと位置づけ的にはあまり変わらないと思う。

トヨペットのクラウンは車重1265kgで最高出力が90hp/5000rpmです。90馬力の時代か…凄いね。

今の車とはパワーウエイトレシオ※で比較したいと思います。
※主に加速能力を表す指標として用いられる比率。値が小さいほど優れた加速性能を持つことを示す。

当時のクラウンは14.05kg/PSです。

比較対象は現代の軽自動車・タント

タント
比較対象には2015年最も発売代数が多いダイハツのタントを出してみます。これは軽自動車だからね。

タントの標準的なグレードがわからないので真ん中に位置している「X」グレードを比較対象にします。車重は930kgで最高出力が52hp/6800rpmです。

パワーウエイトレシオは17.88kg/PSです。

流石に軽では勝てませんでしたね。まぁ排気量違うしね…

でも、スズキのアルト(HA36S)のパワーウエイトレシオは11.92kg/PSと普通に勝利しています。

一応過去と同じ現代のクラウンでも比較してみましょう。

現代のクラウンの高性能モデルと思われるクラウンアスリート「3.5」のパワーウエイトレシオを計算してみたら5.17kg/PSです。

圧倒的な勝利ですね。

タントの最高速と0-100加速


モデルが違うかも知れませんが、ノンターボのNAモデルでタントなのでそこまで相違は無いと思います。だいたい120km/hぐらいが最高速ですね。引っ張っても130km/hは厳しそう。

ちなみに皆大好きプリウスの最高速はだいたい160km/hぐらいで引っ張れば180km/h届かないぐらいです。

やっぱり現代の自動車性能に制限速度が合ってない

どう考えても、合ってないよね。1963年のフラッグシップマシンと思われる自動車と同じような性能が現代だと軽自動車あたりに該当するんだから。

120km/hと言わず、アウトバーンのような制限方法もありだと思う。せめてヨーロッパ基準の130km/hにして欲しい。ちゃんと警察には自分の組織の利益ベースじゃ無くて、現代の自動車性能にあった制限速度を設定して欲しい。

まぁ、難しいか…

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

BMW 1Mでクルマのサイズぴったりのパネルをドリフトしながら駆け抜ける!

BMWのプロモーションってなん …

2 comments

  1. 先月新東名を走っていたら後ろからパンダが迫ってきたので速度を落として様子を見たら130km/hオーバーであっさり前へ… 回転灯もつけず何を焦っているんだろうと思ってその後ろについていきましたが あれはひょっとしてテストの一環だったんですかねぇ~… 何はともあれ やっとこ解禁ですか!
    レーン別制限は自分も常々思ってますね~…

    • 回転灯も付けなきゃただの違反車ですねw
      自分に甘く他人に厳しいというのは問題ですね…

      ようやく解禁は嬉しいですが、更に検討して色々今より良くして欲しいですね。

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.